駆けること

48 の用例 (0.01 秒)
  • 彼らが精神の力だけで、宇宙空間を自由に駆けることができるのも知っている。 苑崎透『トップをねらえ! ネクストジェネレーション』より引用
  • しかも道士としての技量は馬霊の方が上で、千里を駆けることが出来た。
  • ただし本人は、艦隊を指揮して戦場を駆けることが望みであった。
  • 仔どもたちが少し駆けることができるようになるまで、父狼は待った。 山本ゆうじ『モウグリの兄弟たち』より引用
  • どんなにスピードを出しても、彼はリディアを落とさずにけることができる。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第15巻 運命の赤い糸を信じますか?』より引用
  • あなたはわたしが決して雨の中を駆けることをせず、そっと窓から雨を眺めているだけの女だということを知っていたのでしょうか。 植松真人『逢瀬までの。』より引用
  • その中を駆けることはせず、部屋の中から自分は濡れずに、あなたを探そうとしていました。 植松真人『逢瀬までの。』より引用
  • 海も陸も同様に平気で駆けることができ、乗り手の無事を守る魔法の馬であった。
  • 発見されても、床下を、猫のように駆けることが出来るのだ。 柴田錬三郎『続 江戸群盗伝』より引用
  • 駆けることで松風に対抗出来る者がいるわけがない。 隆慶一郎『一夢庵風流記』より引用
  • あれが必要な訓練であり、そのおかげで今の自分は鳥と空を駆けることもできるのだとわかったのは、その伝令が歳を理由に職を退いたあとだった。 三浦真奈美『風のケアル 第3巻 嵐を呼ぶ烽火』より引用
  • またこの馬は、陛下お望みとあれば、鷲のように天空高く駆けることもできます。 チョーサー/西脇順三郎訳『カンタベリ物語(上)』より引用
  • ある者は一日に千里を駆けることができた。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第05巻 たったひとつじゃない冴えたやりかた』より引用
  • この顔見せの後で、仔狼は自由に駆けることができる。 山本ゆうじ『モウグリの兄弟たち』より引用
  • 群れと共に駆けることを許し、受け入れてやりなさい。 山本ゆうじ『モウグリの兄弟たち』より引用
  • 夜のなかでも駆けることができる。 宮部みゆき『ICO 霧の城』より引用
  • 真鶴は駆けることもなく、すがることもなく、ひとつの恋をきちんと終わらせたことに満足していた。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • この冬には、彼女はもう、店あさりに馬車を駆けることも、芝居や音楽会へ行くこともやめてしまって、家にばかり引きこもっていた。 チェーホフ/中村白葉訳『チェーホフ短編集「無名氏の話」』より引用
  • 腕っぷしも強く、大岩をかついで十里を半時に駆けることができる。 田中哲弥『大久保町の決闘』より引用
  • しかし、スパークにできることは、全力で駆けることだけだった。 水野良『ロードス島戦記 6 ロードスの聖騎士(上)』より引用
  • 次へ »