駅名の由来

216 の用例 (0.00 秒)
  • 駅名の由来は、鳥栖市が発足する以前に当駅があった村の村名である。
  • 南武線の北側はかつての屋敷分村で、上記の通り旧駅名の由来となった。
  • 駅名の由来はこの付近に追分駅を起点とした十三哩標があったことから。
  • 駅名の由来となったへは、東側の市街地の外れから登山道が伸びている。
  • 駅名の由来となった天神川だが、暗渠化されている為地上からは見えない。
  • 駅名の由来は、一帯が後三年の役の古戦場であったことからである。
  • 駅名の由来になっている九州産業大学は香椎線の線路に隣接している。
  • 駅の北側すぐのところに、駅名の由来となった柳瀬川が流れている。
  • 駅開設当時、所在地が姥堂村であったことが駅名の由来となっている。
  • 駅名の由来であるベネスエラ広場は、この駅の西にやや離れてある。
  • 駅の向かいに駅名の由来ともなった日本繊維の工場があった。
  • 駅名の由来である大母山は当駅よりも逸院駅のほうが近い。
  • 駅名の由来でもある思川は駅から東に約2kmを北から南に流れる。
  • 駅名の由来である藤崎八旛宮は当駅より東へ約400mの距離にある。
  • 駅名の由来となった根岸は、東町の旧地名である中根岸町からのものである。
  • 駅名の由来は当駅南口に正面に見える中国地方一の高峰・伯耆大山に因む。
  • 駅名の由来となった六軒の地名は、松阪寄りの三渡川を挟んだ対岸にある。
  • 駅名の由来となった烏耳島は駅からはかなり離れている。
  • 旧駅名の由来となった社倉里の集落からは離れた場所にあり、周囲に人家は少ない。
  • 駅名の由来となった熱田神宮の東側に位置する名鉄主要駅のひとつ。
  • 次へ »

駅名の由来 の使われ方