駅出口

66 の用例 (0.01 秒)
  • 駅出口と外部の道路の間には、手すりの付いた10段強の階段が存在する。
  • 路線バス バスのりばは駅出口を左に曲がり徒歩約3分の県道上にある。
  • 旧駅舎は駅出口の一つとして使用されており、旧出札窓口は閉鎖されている。
  • 駅出口は北側にしかないため、乗り換えるには大回りしていかねばならない。
  • 新桜台駅出口3・4そばに羽沢バス停があり、以下のバスを利用できる。
  • 駅のすぐ西を鴨川が流れており、駅出口の前に四条大橋がかかる。
  • 駅出口から階段と道を100mほど行くと、烏原川沿いの市道に出る事ができた。
  • トイレ設置駅で、駅出口の道路反対側にある。
  • ホームと改札外通路および駅出口の間は改札がなく直接つながっており、駅外から改札を通らずに列車に乗車することが可能である。
  • 当駅到着時にはいずれの路線の乗り換え案内も行われないが、駅出口案内には各駅への最寄出口が表示されている。
  • 電線などは地下の共同溝に収容されているため、駅出口からみて視界が広く、広々とした印象を与える。
  • 駅出口付近には畑も見られる。
  • 駅出口は広島県道71号広島湯来線広域公園南口交差点にあたる。
  • この交差点を誤って直進すると、踏切を過ぎて駅出口の無い側へ抜けてしまうため、注意が必要である。
  • 市営地下鉄線センター南駅出口1から徒歩6分の場所に位置する。
  • 元々は当駅から千里中央付近を経由し箕面線桜井駅方面へ向かう予定のため2面4線の駅として設計されており、駅出口付近には拡張が可能なように基礎などが残されている。
  • 西成区に所在するが、駅出口の一部は浪速区にもある。
  • ただし、東西方向の旧商店街は駅前再開発の一環で駅出口が移動したことによる人通りの変化が影響して一部がシャッター街となっており、駅前商店の多くは国道170号旧道沿いが中心となっている。
  • 当駅は駅出口外の公園路に「捷運台大医院站」バス停が設置され、多くの路線バスと接続している。
  • 駅出口は北口と南口の2つがあり、いずれも構内踏切でホームと結ばれている。
  • 次へ »

駅出口 の使われ方