駅で快速列車

8 の用例 (0.00 秒)
  • 当駅で快速列車と普通の緩急接続や特急列車の通過待ちが行われている。
  • 日中以外の時間帯で一部の普通が当駅で快速列車・特急列車の通過待ちを行う。
  • 代行バスは松島海岸駅で快速列車に接続することが多いが、バスが遅延した場合でも原則として接続は行わない。
  • 大垣駅 - 米原駅間では、日中は普通のみの折り返し運転であり、大垣駅で快速列車に接続する。
  • 行き違いがない場合は、京都方面・奈良方面とも駅本屋側の1番のりばを使用することが多いが、当駅で快速列車の通過待避を行う場合は、跨線橋を渡った反対側の2番線を使用している。
  • 王寺方面行きの普通は久宝寺駅で快速列車と緩急接続した後、続いて入線するおおさか東線の列車を待つダイヤが一部組まれるようになったため、その列車については久宝寺駅での停車時間が若干長くなり、柏原駅での停車時間が若干短くなった。
  • 当駅始発・終着列車や、当駅で快速列車を待避する普通列車は偶数番線、それ以外の列車は本線である奇数番線から発車する。
  • しかし、関西国際空港開港に伴う大阪環状線 - 阪和線直通列車の増発によって、天王寺駅では緩急接続が頻繁にできなくなったことや、大和路快速のスピードアップにより、日中は平野駅で快速列車を待避する列車が増やされた。