駅で列車交換

37 の用例 (0.00 秒)
  • 早朝・日中・深夜の一部時間帯以外は必ず当駅で列車交換が行われる。
  • 交換可能駅で、日中時間帯は当駅で列車交換するダイヤが組まれている。
  • 隣の遠州芝本駅が改良されるまではこの駅で列車交換が行われていた。
  • 単線区間のほぼ中間に位置し、日中はすべての列車がこの駅で列車交換する。
  • 廃止時点で、島式ホーム1面2線を有する地上駅で列車交換可能な交換駅であった。
  • 当駅で列車交換が行われることが多い。
  • 全定期列車が当駅で列車交換を行う。
  • 日中は当駅で列車交換を行う。
  • そのため青森駅で列車交換をしない場合でも貨物列車の影響で発車が遅れることがある。
  • 朝ラッシュ時には当駅で列車交換するダイヤが組まれている。
  • 早朝、深夜をのぞいてほぼ全駅で列車交換を行っており、ネットダイヤを形成している。
  • 当駅で列車交換を行わない場合や通過列車は、我孫子方面行列車も1番線を使用する。
  • 昼間などは、佐原駅で列車交換をしたあと、終点の銚子駅まで列車交換なしの列車もある。
  • 廃止時点で、単式ホーム・島式ホーム複合型の2面2線を有する地上駅で列車交換可能な交換駅であった。
  • 両端の駅のほか、学校前、横田、運動場前の3駅で列車交換が可能であった。
  • 横須賀線は、隣駅の横須賀駅から当駅を経て久里浜駅までが単線であるため、当駅で列車交換が行われる。
  • 昼間ダイヤでは、この駅で列車交換を行う。
  • かつては全定期列車が当駅で列車交換を行っていたが、2009年4月1日ダイヤ改正以降は日中の運行間隔60分毎の時間帯は当駅では行われない。
  • 遠鉄浜松駅 - 奥山駅間運行の列車と、遠鉄浜松駅 - 曳馬野駅間運行の列車は当駅で列車交換を行った。
  • 運行本数は1時間に1本程度で、途中の住吉駅や網田駅で列車交換するダイヤが設定されている。
  • 次へ »