馬鹿高く

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • あんな馬鹿高い時計を人にくれてやる人間なんてそうはいないからな、違うか? ...
  • 金が欲しくて馬鹿高い寿司を客に食わせてるんだろう、気取るんじゃない。 ...
  • 外国資本のコーヒーチェーン店か、そうでなかったら馬鹿高い金をとる高級店しかない。 ...
  • あなたの計画をどうしても実現しようとするならば、結局、馬鹿高い値段でその所有者から皮を買い取らなければならないはめになるでしょう。 ...
  • 航空自衛隊はその馬鹿高い戦闘機を2006年までに130機も配備した。
  • 確か粒子を直接変色させる事で光を使わずに色を表現する画期的なモニタという売り文句だったが、値段が馬鹿ばか高いのと普通の人には今までのモニタでも何の問題もない事から、一部の芸術家や映画館などでしか買い取ってもらえなかったという悲劇の一品だったはずだ。
  • というのは、土地の値段が馬鹿高くなった東京では、当然テナント料も上がり、従って一杯四百円のコーヒーだけを出す専門店の商売は、なり立たなくなったとよく訊くからだ。 ...
  • だが乗りこなすためには当然それなりのテクニックが要求され、また料金も馬鹿高いために、使おうという者はそうそう居ない。 ...
  • 木下芸能だって、ギャラの馬鹿高い井沢を放り出さないのが不思議なくらいでね。 ...
  • 上条の学校は料金が馬鹿ばか高いスクールバスの利用を推奨しているため、電車通学を校則で禁止している。 ...
  • そして今日も、何故だか保険がきかない馬鹿高い、ものすごく痛い注射を打たれた。 ...
  • その手の刃にロルカ屋で購入こうにゅうした馬鹿高ばかだかい咒式、天才咒式具製作者てんさいじゅしきぐせいさくしゃジュゼオ・ゾア・フレグンの強化咒式法珠きょうかじゅしきほうじゅが加わったのだ。 ...
  • あの医術師から買った馬鹿高ばかだかくすりいたのか、ジグロの体力のおかげかわからなかったけれど、バルサは心底しんそこほっとした。 ...
  • 「おまえ、また馬鹿高ばかたか咒式具じゅしきぐか家具を買ったんだろ」 ギギナが音速で顔を反らした。 ...
  • そこでダルマやおみくじを買って、キャピトル東急でお正月値段の馬鹿高いコーヒーを飲んで帰るのが定番コースだ。 ...
  • それは如何にも狂人のように不規則な、馬鹿高い哄笑だったので、洵吉は、思わずギクンとしながら、この女が眼を覚しはしないか、と心配したほどだった。
  • 「コスモポリタン・コーポ」と、大げさな名前をつけたこの馬鹿高いマンションは、駒沢こまざわ公園の近くにあった。 ...