馬鹿臭い

全て 形容詞
8 の用例 (0.00 秒)
  • 今では何処の学校や海兵団の体操を見たつて、あんな馬鹿臭いのはありはしない。 牧野信一『文学的自叙伝』より引用
  • だが何とかせねば、こんな馬鹿臭ばかくさいことはどこも引き受けんぞ。 半村良『幻視街』より引用
  • 今では何處の學校や海兵團の體操を見たつて、あんな馬鹿臭いのはありはしない。 牧野信一『文学的自叙伝』より引用
  • 芝居をしてるのが馬鹿臭くなるんです。 岸田国士『是名優哉(一幕)』より引用
  • 東京に一日も居れあ、大抵田舎が馬鹿臭くなるからね。 夢野久作『街頭から見た新東京の裏面』より引用
  • デビスのくらがりぶねりたいりたいとおもつて、いままでどれだけマストをてたり、白帆しらほをあげて、きばつたかれないが、いまとなつてかんがへてみると、本当ほんたう馬鹿臭ばかくさいやうだ。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 59 20080623』より引用
  • 地代と肥料代差引いたらあとに何が残るかよ おっかあはあんまり馬鹿臭いから埋めといて春までまったらと言うけんど 年貢と税金だけは食わんねいでいてもおさめんにゃなんねい。 中島葉那子『馬鈴薯階級の詩』より引用
  • 恐らく馬鹿臭いとは思わんべ。 三浦綾子『泥流地帯』より引用