馬耳東風という

3 の例文 (0.00 秒)
  • 忠告的の書物が幾らあったところが、先生らの耳には馬耳東風ばじとうふうというよりも、見も聞きもせず、いわゆる余所よその国にある結構な宝物とちっとも違わんのでありますから、何の役にも立たんです。 ...
  • つまり、理想主義に共感し、燃え上がっている人物に対しては、いくらエッセーで述べたところで、まったく馬耳東風ばじとうふうということになってしまう。 ...
  • と言っても、馬耳東風というか、笛吹けど踊らず。 ...