馬場大尉

213 の用例 (0.00 秒)
  • とにかく街を案内してやる、と馬場大尉はいって、浩を伴って表にでた。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • 馬場大尉が、かなりうまくなった英語でそんな意味の説明をしている。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • 馬場大尉のように生きることが、日本人としての存在証明ではないか。 深田祐介『炎熱商人(下)』より引用
  • 心配なのだろう、路地の入口を馬場大尉が素知らぬ顔で往復している。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • ユーソンは、頬の肉のたるんだ、顎の張った顔を馬場大尉に近づけてきた。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • しかし、馬場大尉のように、おれは生きなくてはならん、と浩はおもった。 深田祐介『炎熱商人(下)』より引用
  • 馬場大尉は、この命令を受けて、詰所に帰ってきて、全員に伝えた。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • 憲兵分隊詰所の前に立った馬場大尉がいい、浩は教会に飛んで行った。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • 背の丈が、馬場大尉の肩までしかないような小男だが、いかにも向う気が強そうであった。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • 馬場大尉がすぐにはね起きて、蝋燭を手に階下へ跳び降りて行った。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • 馬場大尉はいったん釈放を決意した農民を釈放できなくなった。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • 馬場大尉が、狂気のように撃ち殺された兵士の顔をのぞきこんで叫んでいる。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • といって、立ちあがり、馬場大尉は腰に両手をあてて、詩吟をやった。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • 浩は、前方に助役とならんで椅子にすわっている馬場大尉のところに行った。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • 馬場大尉は、ひそかに浩がだれと一緒に憲兵隊にやってきたのか、観察していたようであった。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • ロージィに馬場大尉を奪われそうだ、という嫉妬に似た感情を浩は抱いていたのである。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • 馬場大尉の口調には、有無をいわせぬ強引なところがあった。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • あるいは、戦時中、俘虜の処刑を馬場大尉に迫った戦車第二師団の若手将校に似ていはしないか。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • 馬場大尉は語調を柔らげていい、戦車師団の将校たちは、敬礼をして帰って行った。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • 午前十時、以前、兵站病院に当てられていた学校の裏庭に、馬場大尉は将校を集めた。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • 次へ »