馬コウ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 馬耕が終ってから雪がくるまでの間、遊んでいる馬を預かるのである。 ...
  • それならばこうしたことを常に感ずるような人間は不具なのかも知れぬ。 ...
  • 当時の映像を流す展示は、広大な土地を馬耕する様子を壁一面に映し出す。 ...
  • その証拠にたとえばこうしたらどうかと考えてもいるのさ。 ...
  • そもそも奉行所がもっとしっかり目を配っておればこういうことにはならん。 ...
  • しかし、こちらは、「人間であればこうだろう」ということは考えられる。 ...
  • 馬耕までにはまだ十日はかかるだろうと思った。 ...
  • 姫神秋沙あいさは、アウレオルスの前に立てばこうなる事を始めから分かっていた。 ...
  • 現在の状況を基礎として考えればこうも見られるであろうが、希望を基礎として考えれば事情は非常に異なって来る。 ...
  • 傲岸な男ほど、必要とあらばこういう思い切った真似まねをするものだ。 ...
  • 誘われればこうしてやって来るが、自分からすすんでやりたいとは思わない。 ...
  • 京ならば三公か、それに近い権勢をもった上流公卿くぎようでなければこうは行かない。 ...
  • 「人間であればこうだろう」ということは、普遍的な原理になるのではないか。 ...
  • あの時ああしていればこうしていれば、と後悔がないわけではない。 ...
  • かれらはしばしばこう断言する、どんな人間のなかにも一人の詩人が棲んでいる。 ...
  • 御母さんは女の事だから理解出来んかも知れんが、余が見ればこうだろうくらいの見当はつくわけだ。 ...
  • 「僕は、いったいいつまで生きられるんだろう」 彼はしばしばこう尋ねた。 ...