香華

全て 名詞
158 の例文 (0.00 秒)
  • 木下惠介が監督の他に脚本も執筆し、「香華」以来の監督作品となった。
  • 墓地は本堂の北側にあり、すでに香華をたむけられている墓も少くない。 ...
  • 仏壇には、これら聖者の禅に対する貢献を記念して香華こうげがささげてある。 ...
  • それ程でなくても、墓石一基に香華一本位の手向のあるのは普通であろう。 ...
  • ほかのものは、ただ香華こうげを上げて、なむあみだぶつと唱えるにすぎない。 ...
  • その前の香華をいける石に何者か腰をかけていた。 ...
  • その小さな墓には既に香華こうげささげられていた。 ...
  • 大日如来が香華燈塗の四菩薩を出して四仏を供養するは上に述べた。 ...
  • あなたの残り少ない日々への香華として、私の知る限りのことをお話し申し上げましょう。 ...
  • 時々、わしの目をぬすんで、母の菩提寺ぼだいじへ香華をささげに参っておるも知っておる。 ...
  • 末寺には徳川譜代大名の香華所となった寺院が多く、この地域の禅宗信仰の中心となった。 ...
  • その頃年少のわたくしがこの寺の所在を知ったのは宮戸座の役者たちが新比翼塚ひよくづかなるものに香華を手向けた話をきいた事からであった。 ...
  • 香華をたむけて、やがて帰りかけるところへ雪駄せつたの音がして、畝源三郎がやって来た。 ...
  • 他にも丹南藩藩主家の高木家や旗本諸家の香華寺となっていた。 ...
  • の人々も参詣にくるらしく、香華が上がっていた。 ...
  • 棺に香華こうげをたむけて、方月館へ帰ってくると、仙五郎が待っていた。 ...
  • 久しく此寺に居る老僕の言ふ所によれば、従来豊洲の墓に香華かうげを供したものはわたくし一人ださうである。 ...
  • 次へ