香具師

全て 名詞
700 の例文 (0.00 秒)
  • こうなると香具師も一種の芸術だと思わせられることがたびたびある。 ...
  • インチキを売り物にしているなんかを見ると、腹が立ちましたよ。 ...
  • 死んだ香具師と女忍者の墓は、三ノ丸の隅にある小高い丘の上であった。 ...
  • 香具師というものはあれでなかなか生やさしいものではないと思う。 ...
  • どれもが香具師の手に掛かると生き生きし、しかも決して高価ではない。 ...
  • 日本で香具師やしという職業が、いつ、どのように発生したか、よくわからない。 ...
  • どじょうひげの香具師がからだをかたむけて、娘の口へ耳をもっていった。
  • 六人の香具師たちが逃げ散ろうとするまえに、騎馬はそれをとり巻いた。 ...
  • どんな関係だか知らないが、俺を香具師だと信じているらしい。 ...
  • としより夫婦ふうふは、ついに香具師やしのいうことをしんじてしまいました。 ...
  • 年より夫婦は、ついに香具師の言うことを信じてしまいました。 ...
  • 香具師の親分である文七にかなわないとお絹がいっていたのを東吾は思い出した。 ...
  • そのうち、秀吉にも劣らぬ大喝采を受けたのは、ひとりの香具師であった。
  • ははあ偖は香具師奴、眠ったような様子をして、その実眠っていなかったのだな。 ...
  • 「どうだ」 眼をまるくして見まもっていた七人の香具師は手をふった。 ...
  • 「香具師さん、香具師さん、驚いたかいわたしだよ」 女の声が聞えて来た。
  • 香具師仲間の詮議のつるはもう切れた、と、亀吉は落胆したように話した。 ...
  • 次へ