香りが漂う

64 の例文 (0.00 秒)
  • そのうちの一本はまだ真新しく、木のかおりがただよってきそうな感じがした。 ...
  • そういえば、どこからともなく、腹を十分に刺激する香りが漂ってくる。 ...
  • 石鹸の香りが漂ってきて、褐色の肌とのびのびした歩き方を思い出した。 ...
  • 石鹸せっけんとシャンプーの香りが漂い、状況にもかかわらず意識が飛びかける。 ...
  • 名前は知らないが彼女が最近好んで用い出したコロンの香りが漂っている。 ...
  • 真次郎が口をへの字にしたとき、車両の中に、ふと花のような香りが漂った。 ...
  • 羽室家へ帰って来ると、広い屋敷の玄関先までコーヒーの香りが漂っている。 ...
  • 湯上がりのためにしっとりとした肌から、温泉特有の香りが漂ってくる。 ...
  • すこし温度をあたえてみましたら後立ちラストノートのような香りが漂ってまいりました。 ...
  • 白い重そうな花がほころびかけ、なんともいえぬ甘い香りが漂ってくる。 ...
  • だが、間もなく洞穴のカビの臭いに混じって木や草の香りが漂ってきた。 ...
  • 海に落ちたのか、乾ききっていない衣服からはしおの香りがただよっていた。 ...
  • なにか香りがただよっていると思ったら、部屋に一つだけの机の上に花が飾ってある。 ...
  • きゅぽん、と軽い音とともに蓋は外れ、魔法薬ポーション独特の苦そうな香りが漂う。 ...
  • 酒屋の門が開くと町中にいい香りが漂い、多くの人が集まってきた。 ...
  • 憮然とした表情で家の外に出たフィガロの所になにやら良い香りが漂ってきた。 ...
  • 部屋にはもう一時間も前から、冴子の用意していったコーヒーの香りが漂っている。 ...
  • 次へ