香ばしい風味

12 の用例 (0.00 秒)
  • 密封の技術が発達した現在でも香ばしい風味が好まれ、茶漬けの標準的な具として入れられている。
  • 香ばしい風味を出すために茶葉を乾煎りし、ほうじ茶として飲まれることも多い。
  • また、火で直接炙るので焦げ目がつきやすく、落ちた脂による煙で多少燻されるので香ばしい風味となる。
  • また、麺に付けられたソースの味がいったん湯の中に溶け出し、再び麺にしみこんでよく味がなじむとともに、炒められることで、独特の香ばしい風味が生まれる。
  • 水分を飛ばし、あるいは、消化しやすい性質に変えたり、香ばしい風味を付ける為に行われる。
  • ローストは焙煎により青臭みが消え、香ばしい風味が付加される。
  • 獣脂に由来する旨みから、上記のようにラーメンに多用されるほか、旨みに加えて揚げた時の独特のサクサク感と香ばしい風味が好まれることから、トンカツでは肉質や料理人の腕の他に、味の巧劣を決めるカギともなっている。
  • 透明な太白油は、ほとんど生のまま原料のごまを搾ったもので、ごま油特有の香ばしい風味はしないが、ごま特有の旨みを有する。
  • 高温で短時間揚げてあるため、ぱりっとした歯ごたえと香ばしい風味があり、薄目の味付けながらも、複雑でうま味のある味で飽きが来ないため、ロングセラー商品となっている。
  • 赤ワインは、グルナッシュ特有の、スパイスのような香味のものが多いが、最近シラー腫をメインに使った、ヴァニラのような甘い香りと、ナッツあるいはパンなどをトーストしたような香ばしい風味の、いかにもローヌらしい雰囲気のワインも増えてきている。
  • 乳白色もしくはわずかに黄色がかった乳白色で、牛乳のようなまろやかな味わいと独特の香ばしい風味があり、 好みによってアーモンドの粉末やシナモンのようなスパイスを加える飲み方がある。
  • ナッツのような香ばしい風味を帯びる。