香ばしいコーヒー

8 の用例 (0.00 秒)
  • そんな時、香ばしいコーヒーの香りに包まれながら、私はふと泣きたくなる。 小池真理子『天の刻(とき)』より引用
  • 香ばしいコーヒーの香りに誘われるように、詩乃はなかに足を踏み入れた。 九里史生『SAO Web 03』より引用
  • 従って、僕の一杯というのは、サイフォンで入れたこうばしいコーヒーの一杯という意味なのだ。 赤川次郎『死体は眠らない』より引用
  • 千鶴は香ばしいコーヒーの湯気の向こうからいた。 今邑彩『赤いベベ着せよ…』より引用
  • 啓子は、ゆっくりと香ばしいコーヒーを飲んだ。 赤川次郎『クリスマス・イヴ』より引用
  • 焼け跡に、プーンと香ばしいコーヒーの匂いが流れた。 工藤美代子『工藤写真館の昭和』より引用
  • 香ばしいコーヒーの匂いが、再び室内に漂う。 椹野道流『鬼籍通覧5 禅定の弓』より引用
  • 香ばしいコーヒーの風味が炭酸の泡とともに鼻の奥で冷たく弾け、直後にじんわりと熱く甘いアルコールが喉を灼いていく。 九里史生『SAO Web 0401 第一章~第三章』より引用