首枷をはめられ

17 の例文 (0.00 秒)
  • 流刑の場合、居住する州において首枷をはめられて労役に従事した。 ...
  • わたしの頭はリュートをつき抜けて、まるで首枷くびかせをはめられた罪人ですよ。 ...
  • 地獄に連れて行かれた男は、そこで首枷くびかせをはめられ、残飯の処理をする豚に姿を変えられていた両親を目にしたのである。 ...
  • その貴婦人は、やはり前に見たごとく三尺四方の厚い首枷をはめられている。 ...
  • したがって世の多くの無産者が感ずると同一の苦痛を、この人々も痛切に感じているには相違ありませんが、これらの人々はさらにその上に、いわゆる特殊部落民であるという、二重の首枷をはめられているのであることを忘れてはなりません。 ...
  • 今のいわゆる部落民に無産者が特に多いということの如きも、よくその由来に遡って考えたならば、主としてこの重い首枷をはめられているところに、重大なる原因のあることが知られるのであります。 ...
  • 君が頓馬でそこらにあるガラクタを盗んだとする、君は裁判所で首枷をはめられて見世物にされてしまう。 ...
  • そこは祭賽国の都で、市街もなかなか繁華であったが、不思議なことに街を托鉢たくはつして歩いている坊さんたちが、みな一様に手枷首枷てかせくびかせをはめられている。 ...
  • 我れわれが早くに竈へ火をかけたればこそ、追手も油断して帰ったが、さもなければ真っ先に竈の中をあらためて、彼らは勿論、我れわれも今ごろは手枷てかせや首枷をはめられているであろうと言う。 ...
  • 武松は、その十両もいっしょに役人ふたりにやり、ふたたび首枷をはめられ、封印ももとのように貼りつけられた。 ...
  • そして武松は目方七斤半の鉄葉団頭の首枷をはめられ、顔にはおきまりの金印いれずみを二行いれられ、もう州の牢城へ流罪ときまった。 ...
  • 飛んでもない脅迫をうけて、獄卒も今さら途方にくれたが、結局よんどころなしに出してやると、かれは約束通りに戻って来て、再び手枷首枷をはめられて獄屋のなかにおとなしく這入っていた。 ...
  • 泣き騒ぐ者には手枷・足枷・首枷をはめられた。 ...
  • このようにハンによって厳重に首枷をはめられたルーシ諸公の中から、モンゴルとの関係をうまく立ち回って権力を得たのが、モンゴルによってウラジーミル大公に任命され北東ルーシの支配者となった元ノヴゴロド公アレクサンドル・ネフスキーや、北東ルーシの諸公国に分封されたその子孫である。 ...
  • やがて和尚が経文を百十回念じ終るや、さっと一陣の冷風、数十名の頭や顔のただれた者、腕が折れ手の曲がった者、腹を裂かれ胸をえぐられた者、頭のない者、びっこの者、首枷くびかせをはめられた者が現われ、和尚の両側にならぶ。 ...
  • thumb|right|220px|陰謀事件をでっち上げ、首枷をはめられて晒しものにされるタイタス・オーツカトリック陰謀事件は、1678年から1681年に発生したイングランドのカトリック教徒が国家転覆の陰謀を企てているという陰謀の捏造と、それに伴う集団ヒステリーの事件・社会現象である。 ...