首を切り落とし

96 の用例 (0.00 秒)
  • ばさり、とまさに首を切り落とされるような音がして、確かにあの時自分は命を相当削られたと信じている。 岩井志麻子『岡山女』より引用
  • 渾身こんしんの力を振るって命中させれば、魔獣の首を切り落とすこともできるだろう。 水野良『新ロードス島戦記1 闇の森の魔獣』より引用
  • もし寺岡が犯人なら、首を切り落とすなど面倒な方法をあえて選ぶものだろうか。 高橋克彦『パンドラ・ケース よみがえる殺人』より引用
  • 趙という尼がドアを開けるやいなや、賈は一振りで尼の首を切り落とす。 張競『恋の中国文明史』より引用
  • やつの首を切り落として、血をしたたらせてみましょう。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • 走っているオートバイに飛び乗って首を切り落とすなどということはまず、不可能だ。 桜庭一樹『GOSICKs 第1巻』より引用
  • その血溜まりの中に、ほとんど首を切り落とされた大昌の死体が横たわっていたのだった。 小野不由美『十二国記 10 華胥の幽夢+漂舶』より引用
  • いずれにしても、剣先は確実に背後から近づこうとした男の鼻先にあり、次の瞬間にはその男の首を切り落としていても不思議ではない。 児玉ヒロキ『イット2』より引用
  • サーベルで、一刀いっとうのもとに首を切り落としたのを見たかね? メリメ/江口清訳『カルメン』より引用
  • しかし首を切り落とすときは人体に相当な衝撃を与えたはずだし、そのはずみではずれてしまうのではないでしょうか。 桐生操『美しき殺人法100』より引用
  • ひょっとしたら、首を切り落としても、効果はないかもしれない。 麻生俊平『ザンヤルマの剣士 第二巻』より引用
  • すると目の前に背の高い人影が見えたため、思わず刀を振り回し、はずみで首を切り落としてしまう。
  • これをきっかけに、大きなおののような刃が落ちてきて、一瞬のうちに下の受刑者の首を切り落とすという装置が、死刑に使われるようになったのである。 桐生操『美しき拷問の本』より引用
  • そして夕刻、皆の見物する中で、この希代の人物は、その首を切り落とされたのである。 夢枕獏『シナン2』より引用
  • あのガキをこンな風に扱った人間の首を切り落とす。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • 人を殺して、首を切り落としておいて、人間あんなにゴキゲンでいられるもんですかねえ。 横溝正史『金田一耕助ファイル20 病院坂の首縊りの家 上』より引用
  • また、刀を振り下ろして犬の首を切り落とす。 夢枕獏『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ三』より引用
  • この連続殺人が本当にパンドラの復讐だと言うなら、パンドラは首を切り落とされて殺されたのだろう。 高橋克彦『パンドラ・ケース よみがえる殺人』より引用
  • この世界に来て、何があっても驚かないだけの心構えができていたが、自分の手で首を切り落とした男が眼の前でにやにや笑っていては驚かざるをえない。 牧野修『だからドロシー帰っておいで』より引用
  • Dの身体は刃も通さぬマントで覆われているから、伯爵は首を切り落とすつもりであった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター01 吸血鬼ハンター“D”』より引用
  • 次へ »

首を切り落とし の使われ方