首を切り落とし

96 の用例 (0.00 秒)
  • より確実に殺す方法としては首を切り落とすのがきわめて有効である。
  • 首を切り落とすのに、何度も何度も剣を振り降ろさねばならなかったとか。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書2』より引用
  • 直後に首を切り落とされても後悔のなさそうな、そんな見事な笑顔だった。 西尾維新『偽物語(下)』より引用
  • さらにつぎの若君を母親から奪いとると、一刀のもとに首を切り落とす。 桐生操『美しき殺人法100』より引用
  • 医者の寺岡なら首を切り落とすのにも抵抗がないはずだと長山は囁いたのだ。 高橋克彦『パンドラ・ケース よみがえる殺人』より引用
  • 真犯人の首ではなく無実の者の首を切り落としてしまうことを恐れるからだ。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(5)』より引用
  • そこが、被害者の首を切り落とす時に、斧の歯が当たった部分なのだろうか。 二階堂黎人『奇跡島の不思議』より引用
  • そしてさらにキツネは第三の王子に「自分の首を切り落としてくれ」と頼んだ。
  • リリスは銀で心臓を撃ち抜かれても、首を切り落とされても死なない。 水戸泉『ヴァンパイア・プリンセス』より引用
  • 殺害方法は紫外線以外にも、頭部の破壊、首を切り落とす等がある。
  • ユディトは眠っていたホロフェルネスの短剣をとって彼の首を切り落とした。
  • やっと首を切り落とされたような激痛が来て、あたしは全身全霊で悲鳴をあげた。 小野不由美『悪霊シリーズ 5 悪霊になりたくない!』より引用
  • だから吉秋の死体に似せて寺岡の首を切り落としたのではないか? 高橋克彦『パンドラ・ケース よみがえる殺人』より引用
  • それも、父親の手にかかって、首を切り落とされるところを。 北沢慶/山本弘/友野詳『妖魔夜行 暗き激怒の炎』より引用
  • だから定期的に首を切り落として、力を殺がなきゃいけないんだ。 三上延『シャドウテイカー5 ドッグヘッド(完)』より引用
  • ワイバーンの首を切り落とす作業をしていたミスリルが、ついにを上げた。 山本弘『サーラの冒険 4 愛を信じたい !』より引用
  • ココナスが言葉をいい終わらないうちに、カボッシュは首を切り落とした。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(下)』より引用
  • 隠れていた男が末っ子の首を切り落とし海に捨て、王女に自分が助けたと言うよう脅す。
  • それらのからだは、たったいま首を切り落とされたばかりなので、筋肉の反射作用によって動いているのかと思ったのだ。 バローズ『火星シリーズ05 火星のチェス人間』より引用
  • 首を切り落とすか何かするほかはない。 神坂一『スレイヤーズ01 スレイヤーズ!』より引用
  • 次へ »

首を切り落とし の使われ方