養う

全て 動詞
1,692 の用例 (0.01 秒)
  • 私はぼんやりしていないと心の集中が出来ず心の養いがとられないのだ。 伊藤整『太平洋戦争日記(二)』より引用
  • こういう学者を内に養っていた国家が内に病を起していないわけはない。 吉川英治『三国志』より引用
  • ふたりの兄は中学校のころから新聞配達をして妹たちを養ったのである。 柳美里『水辺のゆりかご』より引用
  • 人々はそれを穀物ではなく いつもただ存在の可能性だけで養っていた。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 01 ユニコーンの日(上)』より引用
  • われわれはこれをいかに利用し、いかにしてこれを養うべきであろうか? チャペック/樹下節訳『山椒魚戦争』より引用
  • また創造性を養うことができる遊びとして教育現場でも採用されている。
  • しかも、それが一〇〇〇億人をも養いうる一天体の上でのことなんだぜ。 ヴェルヌ/鈴木力衛訳『月世界旅行』より引用
  • だから、われわれはまずなによりも自然を見る眼を養わなければならぬ。 北大路魯山人『味覚の美と芸術の美』より引用
  • 三千何百の不良を養う東京の社会的欠陥はどれだけに大きいのであろう。 夢野久作『東京人の堕落時代』より引用
  • 従来の滝行のように、寒さに耐えて根性を養うという目的では行わない。
  • ただ養わなければならない口としてしか子供たちを考えていないのだ。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(1部)』より引用
  • これと同じ推理が、生きた動物を養う力にも適用されなければならない。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • 結婚した以上、あっちには働いて女房にょうぼう子供を養う義務があるんだからさ。 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 上巻』より引用
  • 毎日が毎日Kはそんなふうな希望を養って過していたわけではなかった。 カフカ/中野孝次訳『審判』より引用
  • 僕は、今すぐからでも、何とかしてあなたを養ってゆくことはできます。 平林初之輔『探偵戯曲 仮面の男』より引用
  • そんなやつを養う金など、これ以上一スーたりとも出すわけにはいかん。 ユゴー/辻昶・松下和則訳『ノートルダム・ド・パリ(下)』より引用
  • 朝太郎が自分の稼ぎで大家族を養っているだけでも大したものだと思う。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 黒く塗れ』より引用
  • 加えて香苗には、子供を養いながら食べてゆくだけの経済力もなかった。 明野照葉『輪(RINKAI)廻』より引用
  • 残された二人の子供を養う為に、ダンプカーの仕事を始めるようになる。
  • わたしも経営者として、従業員を養っていかなくちゃなりませんからね。 西野かつみ『かのこん 第06巻 ~ナギサのぱいぱいぷー~』より引用
  • 次へ »