飽田

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 齶田は秋田の初見とされ、翌年の記事では飽田と書かれる。 ...
  • 現在熊本市の周辺にわずかに残る飽託郡は、説明するまでもなく飽田と託麻を合併して名付けられた郡である。 ...
  • 飽田・天明地区は主に干拓によって拓かれた田園地帯である。 ...
  • 河尻氏は、源高明の孫・実明を源流とし、飽田南郷川尻にあった国衙役人の系統にある清和源姓の一族とされる。 ...
  • この発見から、当初は託麻にあった国府が水害を被り、益城・飽田の何れかに移転したものと考えられている。 ...
  • 元々は飽田郡川口村と陸続きだった。 ...
  • 熊本城は、肥後国飽田郡熊本に築かれた安土桃山時代から江戸時代の日本の城。
  • しかし隈府には入らず、隈本城を本拠とした、彼を輔弼したのは、鹿子木親員・本郷長賢・田島重賢など飽田・詫麻郡の武士だった。 ...
  • その後、出田氏の力が衰え、大永・享禄年間に菊池氏は代わりに託麻・飽田・山本・玉名4郡に所領を持つ鹿子木親員に隈本城を築かせて入れた。 ...
  • 斉明天皇5年に阿部比羅夫は飽田や渟代、肉入籠に到るが、このししりこを秋田県北秋田市綴子だという説を唱えたのは、般若院英泉であった。 ...
  • 天文19年大友氏に従い菊池義武と戦い、以後隈本城主として飽田・託麻二郡を支配する。。 ...
  • 藩校時習館で学んだ後、肥後藩兵を経て、飽田郡役所、八代郡役所、天草郡役所、熊本区役所などの廃藩置県後の熊本各所の役所で書記を務めた。 ...
  • 粟田 飽田麻呂は、平安時代初期の貴族。 ...
  • 安永7年肥後飽田郡上松尾村字甲塚にて松尾焼を創始。 ...
  • 肥後国飽田郡中島村出身。