飲み込む

全て 動詞
596 の用例 (0.01 秒)
  • 日本各地で戦があり、大大名に小さな家は飲み込まれ消えていっていた。
  • その、瞬間に残された映像は理解できないまま他の光景に飲み込まれる。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第01巻 リグザリオ洗礼』より引用
  • これを見つけた霊子の軍は攻撃を行ったが一同は大魚に飲み込まれた。
  • こうした流れの中で、独立論は本土復帰運動の中に飲み込まれていった。
  • 考え始めると、霧の中に飲み込まれて自分が見えなくなるような気がした。 小池真理子『ひるの幻 よるの夢』より引用
  • そこは森が口を開けて雑居ビルをまさに飲み込もうとしている現場だった。 池上永一『シャングリ・ラ 上』より引用
  • 結婚をして五年もたてば、夫の性格もすっかり飲み込むことができた。 もりたなるお『金星 相撲小説集』より引用
  • 東京・新宿の雑居ビルが突然地中に飲み込まれるという事件が起こった。
  • それはまるで二人を飲み込もうと打ち寄せる巨大な黒い波のように見えた。 フローベール/白井浩司訳『ボヴァリー夫人』より引用
  • 答えがどこにもないという不安を抱いたら、闇に飲み込まれてしまう。 池上永一『シャングリ・ラ 上』より引用
  • 主は一言一言を飲み込むように聞き、最後の言葉にしっかりとうなずいた。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅢ Side ColorsⅢ』より引用
  • 言葉を生み出す意識がすべて闇に飲み込まれていくような感覚だった。 池上永一『あたしのマブイ見ませんでしたか』より引用
  • グリコはそんな心の叫びを飲み込むとますます気分が悪くなってきた。 岩井俊二『スワロウテイル』より引用
  • だから、その複雑な事情も、さほどの苦労なく、飲み込むことができた。 西尾維新『化物語(下)』より引用
  • もうそう遠くないうちに、体練場ここもまた人の波に飲み込まれることだろう。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ02 金狼の住処』より引用
  • こんな幼い少女に、僕は睨みつけられ、飲み込まれそうな恐怖を覚えた。 森博嗣『四季 1 春』より引用
  • 学園祭でのお芝居しばいとはまた違った雰囲気ふんいきに、飲み込まれそうになる。 今野緒雪『マリア様がみてる 24 仮面のアクトレス』より引用
  • 口に含んだ後も舌の上で転がすように味わい、そしてゆっくり飲み込む。 サタミシュウ『私の奴隷になりなさい』より引用
  • その後の更なる拡張で隣町エルムバンクの大半を飲み込むこととなった。
  • 彼らが、怒りの感情に飲み込まれているのが、はっきりと色で見える。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編かけら&TIPS』より引用
  • 次へ »