飲み歩くよう

9 の用例 (0.00 秒)
  • 私は新宿に棲み、バーテンやテキ屋の友人たちと飲み歩くようになった。 寺山修司『書を捨てよ、町へ出よう』より引用
  • そんな暮らしを続けているうち、右近につれられて、新宿で飲み歩くようになった。 吉田修一『最後の息子』より引用
  • この頃から鞠子は、劇団仲間と夜な夜な飲み歩くようになっていた。 吉田修一『パーク・ライフ』より引用
  • 自分自身もストレスから逃れるために毎日、新宿の酒場に出て飲み歩くようになった。 大崎善生『孤独か、それに等しいもの』より引用
  • 彼女が夜な夜な一升壜を持って屋台を飲み歩くようになったのは、それからである。 駒田信二『一条さゆりの性』より引用
  • 毎日どこかへ出かけていた祖父は、そのうち着流しのままで夜、駅周辺の居酒屋やバーを飲み歩くようになった。 筒井康隆『わたしのグランパー』より引用
  • ところがXはトラブルを起こして事件の2年前から出社しなくなり、平田が所有するバーや平井の影響力が及ぶ店で飲み歩くようになった。
  • それで、正直言うと、家に帰るのがだんだんと気づまりになってきて、「落語家にゃ、遊びは芸の肥やし」なんて、自分に都合のいい言い訳をして、ほとんど毎晩飲み歩くようになってしまったの。 ヨネスケ(桂米助)『ごはん』より引用
  • 歌人の吉井勇を誘い出して飲み歩くようになり、数々の奇行が始まり、文壇の名物男として知れ渡るようになる。