飯田粂太郎少年

17 の例文 (0.00 秒)
  • この日は飯田粂太郎くめたろう少年も田沼邸で、大治郎を待っているはずであった。 ...
  • 飯田粂太郎いいだくめたろう少年は、今夜、田沼屋敷の母のもとへ帰っていた。 ...
  • 佐々木三冬の紹介で、秋山大治郎に弟子入りする飯田粂太郎いいだくめたろう少年も身内である。 ...
  • うしろは飯田粂太郎少年と傘屋の徳次郎が駆けつけて押えた。 ...
  • 秋山大治郎だいじろうは、道場に住み込んでいる飯田粂太郎いいだくめたろう少年に、朝の稽古をつけ終えたところであった。 ...
  • 飯田粂太郎少年がひとり、道場で白刃をぬきはらい、抜刀術の稽古けいこをしていた。 ...
  • 道場の柱へくくりつけ、鼻の傷口へ包帯を巻きつけられた百助の見張りを、飯田粂太郎いいだくめたろう少年にまかせ、大治郎は杉山と共に外へ出た。
  • 秋山大治郎は、屋敷内に設けられた道場での稽古をすませ、飯田粂太郎いいだくめたろう少年をつれ、いま、帰ろうとしているところであった。 ...
  • 秋山小兵衛が、そく・大治郎の道場にもどった飯田粂太郎少年をつれ、嘉助と共に和泉屋の寮へあらわれたのは、翌朝の五ツ半ごろだ。 ...
  • 「いささか、父の真似まねのようですが、ここは、弥七やしちどのに手つだってもらわねばなりますまい」 こういって大治郎は、四谷よつやの御用聞き・弥七のもとへ、飯田粂太郎いいだくめたろう少年を使いに出した。
  • 飯田粂太郎いいだくめたろう少年が〔赤猫〕を軽がると両手に抱え、道場へ運ぶと、柱へくくりつけてしまった。
  • いつもは道場へ泊りこんでいる飯田粂太郎くめたろう少年は、母が発病したので、一昨日から浜町の田沼家・中屋敷の長屋へ帰っている。 ...
  • 新婚のことでもあるし、飯田粂太郎いいだくめたろう少年は道場へ寝泊りすることをやめ、田沼たぬま家中屋敷の長屋に暮す母のもとへ帰り、毎朝、道場へ通って来るようになった。 ...
  • 翌日は、朝も暗いうちに、秋山大治郎が飯田粂太郎いいだくめたろう少年と嘉助を指図して、何やらいそがしくはたらいていたようである。 ...
  • これは、秋山大治郎が飯田粂太郎くめたろう少年から耳にしたことであるが、 「時折、殿様が夜おそい御帰邸のときは、三冬さまが御駕籠かごわきへ、つき添っておられるそうです」 とのことだ。 ...
  • 女武芸者・佐々木三冬みふゆが大治郎へあずけた飯田粂太郎くめたろう少年は、このごろ、道場へ泊りこみのかたちになってしまったようだ。 ...