食べる

全て 動詞
19,989 の用例 (0.02 秒)
  • マルコは船の中で一日に二度ずつ少しのパンと塩かけの肉を食べました。 日本童話研究会『母を尋ねて三千里』より引用
  • その時分に私たちが喜んで食べてゐたものを二つ三つ思ひ出してみよう。 片山広子『ともしい日の記念』より引用
  • よいものをわるいものにして食べている事実を見るたびにそう思います。 北大路魯山人『序に代えて』より引用
  • まずいろいろと食べてみたがこんなまずいものはなかったということだ。 小出楢重『めでたき風景』より引用
  • 例えば嫌なものを嫌だとはっきりいわないものだからつい食べさせる。 小出楢重『めでたき風景』より引用
  • その夜私が味方の人たちに囲まれて食べた晩餐の何と楽しかったことか。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『宝島』より引用
  • 飯が存分に食べられなかったのは、一つはそのためでもあったのである。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 食べる物がないからつて黙つて畑の物を持つてゆかれてどうなると思ふ。 片山広子『茄子畑』より引用
  • もし私が裸で寝ていたら、きっと八つ裂きにされて食べられたでしょう。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • しかし、食べているうちにやめられなくなって、何度もナイフを入れた。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 駅から少し離れたところにある商店街の食堂で、ふたりは昼食を食べた。 片岡義男『物のかたちのバラッド』より引用
  • この七輪で、女中が自分の食べるのだけ煮たきをするのだと云うことだ。 林芙美子『新版 放浪記』より引用
  • 女房子供をひきつれて、諸国の料理を食べ歩いてきたことなどもあつた。 坂口安吾『波子』より引用
  • いかに商売とはいえ魚だけ食べさせてちゃァ、大選手の身体はできない。 坂口安吾『町内の二天才』より引用
  • ゆえに野菜を食べるのは牛を食べるのと同じことであるという人がある。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • ところが私の子供の時分には、どうしてもそれが食べられませんでした。 島崎藤村『幼き日』より引用
  • 東京へ帰ったら、なんとかして食べて行けないことは無いでしょうから。 佐左木俊郎『熊の出る開墾地』より引用
  • 何となれば日本料理は酒を飲むために出来ているのでめしを食べるためでない。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • わたしはかれらがそのうちの中で夕飯ゆうめしを食べている姿すがたを見ることができた。 マロ・エクトール・アンリ『家なき子』より引用
  • その鶏を外で食べずに持ってくるのは自分の小屋で食べるためだそうです。 坂口安吾『明日は天気になれ』より引用
  • 次へ »