飛ぶ姿

49 の用例 (0.00 秒)
  • 確かに回転して飛ぶ姿は丸く見えなくもなかったけど、それってどうなんだろう? 井上堅二『バカとテストと召喚獣 06』より引用
  • 王獣おうじゅうの背に乗って飛ぶ姿を、なるべく見せないほうがよいと言ってくれているのだ。 上橋菜穂子『獣の奏者 Ⅱ 王獣編』より引用
  • 雁の飛ぶ姿は様式化されて文様もようとなり、それが進んで家の紋にも用いられてきた。 泡坂妻夫『蔭桔梗』より引用
  • この時の羽を持つ成虫が、蝋物質を身にまとって飛ぶ姿が雪を思わせるのである。
  • エンテとはドイツ語で鴨のことで、鴨が飛ぶ姿に似ていることからこう呼ばれる。
  • 彼女は矢が宙を飛ぶ姿を指で描いた。 森見登美彦『有頂天家族』より引用
  • 空中で一度屈伸運動を加えて飛ぶ姿が蛙が跳ねているように見えるためこの名前がついた。
  • 同時期にはいくつかの草双紙にも金霊が描かれている例があるが、いずれも金銭が空を飛ぶ姿で描かれている。
  • 港町・神戸を象徴する鳥であるカモメが大空を飛ぶ姿を象っている。
  • その矢さきに、お勝が現在その白い蝶の飛ぶ姿を見たと云うのであるから、母はいよいよそれを信じないわけには行かなくなった。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 和名は白山に多いこと、花の付き方が千鳥の飛ぶ姿に似ていることから名付けられた。
  • 反り返るように飛ぶ姿が独特で、ポケットナイフを使って羽の一本一本まで丁重に彫られている。 初野晴『漆黒の王子』より引用
  • 餌を確保しやすい場所や上昇気流の発生しやすい場所では多くの個体が飛ぶ姿が見られることがあるが、編隊飛行を行うことは少ない。
  • 和名は、太い根が手のひら状になっていること、花が千鳥の飛ぶ姿に似ていることから付けられている。
  • 羽ばたいて飛ぶ姿がおもしろいと、子供がつついて遊ぶこともよく見られる。
  • そして、一本足で飛びに飛ぶ姿は、黒い五位鷺というより、これまた怪鳥としか見えなかった。 山田風太郎『幻燈辻馬車(下)』より引用
  • ハイビスカスなどの赤い花によく訪花し、荒地や林、海岸などでも飛ぶ姿が見られる。
  • 大きさと翅の模様から、飛ぶ姿は「青と白に瞬くビーコンのよう」と形容される。
  • これは、古代には世界各地で朝日や夕日など太陽に向かってるように見えるカラスが飛ぶ姿を目にした当時の人々がその性質と太陽と結びつけ、神聖視されたという説がある。
  • 飛沫の飛ぶ姿を見ればわかるかもしれない、と。 森絵都『DIVE!! 下 (RubyMate変換)』より引用
  • 次へ »