飛ぶ

全て 動詞
9,691 の用例 (0.01 秒)
  • 飛行艇はまっすぐこちらに向かって飛びながら、高度を下げつつあった。 片岡義男『波乗りの島』より引用
  • どこからかピストルの弾丸たまが風をきって飛んできそうな気がしてならぬ。 海野十三『地獄街道』より引用
  • で、多少とも年代的に知って置かないと飛んだ恥をかくことになります。 北原白秋『フレップ・トリップ』より引用
  • 僕もぐずぐずしていれば、今ごろはあんな高いところを飛んでいたのだ。 海野十三『地球盗難』より引用
  • ただ面白半分にやったら、その内に飛び上って行くものだとはいわない。 新渡戸稲造『教育の目的』より引用
  • これからでも飛んで行って、先生に話をして結納を持って帰りましょう。 泉鏡花『婦系図』より引用
  • 六月三日深夜のことで、使者はたつた一日半で七十里の道を飛んできた。 坂口安吾『黒田如水』より引用
  • ボールはうまく狙った位置へ飛び、彼女はそのボールを少し右へ突いた。 佐野良二『闇の力』より引用
  • 呟いていたかと見えましたが、間をおかないで鋭い質問の矢が飛びました。 佐々木味津三『旗本退屈男』より引用
  • 私はどうすることかと見ていると二人はパラシュートを持って飛んだのだ。 小出楢重『油絵新技法』より引用
  • 今あたまのうえを、飛びこえていったのは、誰が操縦している宇宙艇か。 海野十三『火星兵団』より引用
  • ぼくらの後ろのトラックから罵るようなクラクションが飛んできていた。 フィッツジェラルド・フランシス・スコット『グレイト・ギャツビー』より引用
  • しかし、どこからもとりんでかえってくるようすがありませんでした。 小川未明『めくら星』より引用
  • 下の大平原から、若者たちが岩から岩へ軽やかに飛んでいくのが見えた。 ドイル・アーサー・コナン『緋のエチュード』より引用
  • 自分が芸術的に一つ飛ばなければならない処に来て居ることを感じる。 宮本百合子『日記』より引用
  • と同時に半三郎は何か大声を出すが早いか、三尺ばかり宙へ飛び上った。 芥川竜之介『馬の脚』より引用
  • こちらへ進み出ていたひとりが、戻りきれずにドアの方へ飛ぼうとした。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第01巻 あいつは優雅な大悪党』より引用
  • 飛ばないボールの時代に得点が劇的に低下した要因には次のものがある。
  • きょうは海の上もおだやかに光って、水鳥の白い群れが低く飛んでいた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • どこからか飛んで来たのかあるいは不思議の作用をやる者であるかも知れない。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • 次へ »

飛ぶ で始まる単語