飛び降りる

全て 動詞
714 の用例 (0.01 秒)
  • 自殺まで考えて崖の上に立つんだけど、木が邪魔で飛び降りにくいのよ。 阿川佐和子『走って、ころんで、さあ大変』より引用
  • 飛び降りた下に、歩いとる人もおるし、大事故になる可能性やってある。 天童荒太『包帯クラブ』より引用
  • 由美子が窓から飛び降りたとき、彼は隣の部屋で原稿を書いていたこと。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • ちょうど時刻を同じくして、保一の父が正介の家の屋上から飛び降りた。 森村誠一『致死家庭』より引用
  • すると一ヵ月を出ずして、必ずそこから飛び降りて自殺する者が出ます。 横溝正史『恐ろしき四月馬鹿』より引用
  • 彼女はついておいで、と王弁に告げると今度は本当に窓から飛び降りた。 仁木英之『僕僕先生』より引用
  • 飛び降りた七人のうち、六人が死んだことを広瀬は校長の言葉で知った。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • 二人の警官は飛び降りると、二人共事務的な感じで大股に近付いて来た。 井上靖『崖(上)』より引用
  • 本当に飛び降りたことがある人間なら、そんな追体験の儀式は必要ない。 三雲岳斗『少女ノイズ (光文社単行本)』より引用
  • というのは、バルダンダーズがわれわれの上に飛び降りてきたのである。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書3』より引用
  • 五、六間行くか行かないうちに、また一人土手から飛び降りた者がある。 夏目漱石『三四郎』より引用
  • 彼女の場合は、勤務先の病院の屋上から飛び降りた、と推定されている。 森博嗣『G 02 θは遊んでくれたよ』より引用
  • と、屋上からの何件かの飛び降り自殺の記事と並んで引き出されてきた。 北野勇作『ハグルマ』より引用
  • ハリーはベッドから飛び降り急いで部屋の反対側にある机に座った。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04a ハリー・ポッターと炎のゴブレット(上)』より引用
  • 彼にはもう窓からはるか下の地面に飛び降りるしか助かる方法がなかった。
  • 屋上から飛び降りたとき、胸に工業用のナイフを刺していたのでしょう。 野村美月『文学少女シリーズ01 “文学少女”と死にたがりの道化』より引用
  • 寮の建物は三階建てであり、飛び降り自殺をするには高さが不足している。 森博嗣『G 02 θは遊んでくれたよ』より引用
  • 死んだ高島は、建設途中の建物の高所から飛び降りたものと推定された。 森博嗣『G 02 θは遊んでくれたよ』より引用
  • 間違った電車に乗ったから窓から飛び降りるというようなたぐいのことだ。 恒川光太郎『夜市』より引用
  • 手を放せば、トンと私は入口の階段の上へ飛び降りることが出來たのです。 島崎藤村『幼き日』より引用
  • 次へ »