飛び掛かる

30 の用例 (0.00 秒)
  • 助かろうとして僕に飛び掛かってくる人だって顔を引きつらせている。 乙一『ZOO』より引用
  • 彼らは座席から立ち上がると男の子に背後から飛び掛かろうとした。 乙一『ZOO』より引用
  • 警備員達が慌てて飛び掛かろうとしたが、カークはそれを制止した。 ジェイムズ・ブリッシュ『05 メトセラへの鎮魂歌』より引用
  • 飛びかろうとする白繚を迅鳴が羽交はがめにして取りさえたからだ。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録09 刃を砕く復讐者(下)』より引用
  • 進介は目の前を通り過ぎようとする車のドアに飛び掛かり、こぶしでガラス窓を叩いた。 泡坂妻夫『毒薬の輪舞』より引用
  • 部屋の中に声をかけると、幼い少女のゾンビが飛び掛かってきた。
  • 十字架というより、四方向へ飛び掛かるレーザー兵器のように見えた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第11巻』より引用
  • 捕食獣の群は、前後左右上下、あらゆる方向から飛び掛かってくるのである。 大迫純一『ゾアハンター 02 ウリエルの娘』より引用
  • そこで世間話に時を移すとみせて、暗に目の前の人に飛び掛かる機をうかがった。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • どうせみんな、ここで僕が喜び勇んで八九寺に飛び掛かるとでも思ってるんだろうな。 西尾維新『偽物語(下)』より引用
  • 神曲の支援を受けないままにウォルフィスが相手に飛び掛かる。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • それを受けて村人数人がさらに飛び掛かるが、結果は変わらない。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅳ』より引用
  • 栄秋の姿を見ると、飛び掛からんばかりに鉄格子てつごうしに体当たりをする。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録05 黒い炎の挑戦者』より引用
  • 黒いほのおのように影がらぎ、一ぴきの獣によく似た、獣でないものが娘に飛びかった。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編01 くちづけよりも熱い拳』より引用
  • オケイの伯父さんは、められたと言って番内さんに飛び掛かろうとしたわ。 高橋克彦『即身仏(ミイラ)の殺人』より引用
  • 追い掛けて後ろから飛び掛かったような格好なのでさいの背中に乗ったひょうのようだ。 北村薫『覆面作家は二人いる』より引用
  • 男の子が顔を覆っている今、飛び掛かって拳銃を奪うチャンスだった。 乙一『ZOO』より引用
  • さっき、病院の玄関前で米屋の車に飛び掛かったろう。 泡坂妻夫『毒薬の輪舞』より引用
  • 前にいた方の男が、秋穂の叫びと同時に飛び掛かって来た。 柴田よしき『ラスト・レース 1986冬物語』より引用
  • わたし一人、宿直室に行くと、教師はわたしに飛び掛かりました。 泡坂妻夫『斜光』より引用
  • 次へ »