風の吹く音

9 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は下に目を伏せ底知れぬ考えのうちに沈んで、あたかも風の吹く音を聞くかのようにそれらの言葉に耳を貸していた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • そして聞こえるのは風の吹く音だけだった。 クーパー『(闇の戦い0)コーンウォールの聖杯』より引用
  • 長い時間、ねむることができず、風のく音をただ聞いていた。 乙一『きみにしか聞こえない CALLING YOU』より引用
  • そうでなくとも風の吹く音や自動車の走る音やクーラーのファンが回る音がノイズのように耳に入ってくる。 瀬名秀明『パラサイト・イヴ』より引用
  • 中から風の吹く音が聞こえてきた。 井上真『鋼の錬金術師3 白い花の舞う谷』より引用
  • 受話器を耳に当てると風の吹く音が聞こえた。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 大太鼓を長桴で打って風の吹く音を表現する。
  • 風の吹く音しか聞こえない。 西野かつみ『かのこん 第01巻』より引用
  • マドレーヌ氏はファンティーヌの手をはなし、眼を伏せて深い考えに沈みながら、まるで風の吹く音を聞くように、それらの言葉に耳をかしげていた。 ユゴー/斎藤正直訳『レ・ミゼラブル(上)』より引用