風の吹く中

10 の用例 (0.00 秒)
  • 風の吹く中、桜の下をゆく山賊が振り返ると、女は醜い鬼に変化していた。
  • 車に乗るときどんよりした不愉快な空を仰いで、風の吹く中へ車夫をけさした。 夏目漱石『三山居士』より引用
  • 車に乗るときどんよりした不愉快な空を仰いで、風の吹く中へ車夫をかけさした。 夏目漱石『硝子戸の中』より引用
  • 彼女は腰巻き1枚の裸にされ、冬の寒い風の吹く中、震えながら石の上に正座させられた。
  • 西署を出て冷めたい風の吹く中を歩く。 峰隆一郎『殺人急行北の逆転240秒』より引用
  • かなり強い風の吹く中を、須藤が歩いている。 半村良『魔女街』より引用
  • 所で平田伍三郎は、九州から東京まで汽車に乗り続けて、朝の八時半頃東京駅へつき、それから重いバスケットをさげて寒い風の吹く中を、道をきききき歩いてきて、十時頃私の家へ辿りついたのです。 豊島与志雄『香奠』より引用
  • 寒い風の吹く中に細かい雪片がちらちらと見え出した。 夏目漱石『道草』より引用
  • 夕暮に冷たい風の吹く中を、オーバの襟を立てながら、鼠色の空に交錯する枯枝を仰いで「またエルムの花盛りになったね」と冗談を言う友人もあった。 中谷宇吉郎『楡の花』より引用
  • 審査人、本物、贋もの混合の金持たち、犬たち、が群り、右往左往しているコンクウル会場の原っぱに、その心臓はころがり、風の吹く中で、哀しげな音をたてるのである。 森茉莉/早川暢子編『貧乏サヴァラン』より引用