風の吹くなか

3 の用例 (0.00 秒)
  • 医者だと自称する見知らぬ男が現れ、作者の母と意味ありげな謎めいた言葉を交わし、風の吹くなか遠ざかって行く。
  • かま猫は、やっと足のはれが、ひいたので、よろこんで朝早く、ごうごう風のくなかを事務所へ来ました。 宮沢賢治『セロ弾きのゴーシュ』より引用
  • かま《・・》猫は、やっと足のはれが、ひいたので、よろこんで朝早く、ごうごう風のくなかを事務所へ来ました。 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』より引用