風の吹く

301 の用例 (0.01 秒)
  • 北東風ミストラルの吹くある朝のこと、二人はふたたびマルセイユにもどってきた。 モーパッサン/新庄嘉章訳『女の一生』より引用
  • 川や河川の流れてくる方向や風の吹いてくる方向を表すときにも用いられる。
  • もちろん地下に風の吹くはずもなくその青鬼以外にどんな影響も見られない。 林亮介『和風Wizardry純情派 2』より引用
  • 人の気づかぬ草ながら、 十三塔じふさんたふを高く立て 風の吹くたび舞ふもある。 与謝野晶子『晶子詩篇全集』より引用
  • 母屋おもや藤棚ふじだなから、風の吹くごとに私のところまでその花のにおいがして来た。 堀辰雄『美しい村』より引用
  • お前達は風の吹く日、雲の影が庭の上を走つて行くのを見た事があるだらう。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • 全くそのような場所だからこそ、風の吹きようもはげしいというものなのだ。 小島信夫『アメリカン・スクール』より引用
  • 風の吹いていない日のベランダは、太陽の光で陽炎かげろうが立つほどの暖かさ。 藤原作弥『聖母病院の友人たち ―肝炎患者の学んだこと―』より引用
  • 風の吹きあれたあとでは、岸べには、去年の枯れ草がき出しになった。 本庄陸男『石狩川』より引用
  • 特に、不景気風の吹き始めた七三年頃から、こんな学生が多くなった。 藤原正彦『若き数学者のアメリカ』より引用
  • トーニオはあまりにぎやかでない、風の吹きつける通りを歩いていった。 マン/植田敏郎訳『トーニオ・クレーガー』より引用
  • 妙に生暖かい風だなと思いながら、私は風の吹いてきた方向に目を遣った。 坂東眞砂子『旅涯ての地(上)』より引用
  • それでおまっちゃんは竹の風の吹く、窓の敷居の上へのせておいたのだった。 長谷川時雨『旧聞日本橋』より引用
  • 処が、ある風の吹き廻しによって、彼は新聞に女の小説を書くようになった。 川上宗薫『流行作家』より引用
  • ぴゅうぴゅうと風の吹くなかを、私一人が歩いているような気がする。 林芙美子『新版 放浪記』より引用
  • はっきり言えば、この浮遊物は風の吹き具合でどちらにでも向かう。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 彼女は初めて会ったときと同じように、風の吹く方角に向かって立っていた。 高殿円『カーリー 1 黄金の尖塔の国とあひると小公女』より引用
  • 私はあの時、風の吹き荒む丘の端にうづくまつて湖を見おろしてゐた。 牧野信一『「学生警鐘」と風』より引用
  • 祥子は目を大きく見開いて一体、どうした風の吹きまわしだろうかと思った。 森村誠一『分水嶺』より引用
  • 夜風の吹き渡る往来は多少胃の痛みの薄らいだ僕の神経を丈夫にした。 芥川竜之介『歯車』より引用
  • 次へ »