類危険物

37 の用例 (0.00 秒)
  • 酸化性があり、日本の消防法では第1類危険物に指定されている。
  • 引火点は不明だが可燃性であり、第4類危険物に指定されている。
  • 強い酸化力を持ち、第1類危険物に分類されるので注意して取り扱う必要がある。
  • 日本の消防法において、第5類危険物である硝酸エステル類に属する。
  • 日本の消防法では、ニトロ化合物として第5類危険物に分類される。
  • 日本の毒物及び劇物取締法では毒物に、消防法では第1類危険物に分類される。
  • 自身は不燃性であるが酸化性を持つため、日本の消防法では第6類危険物に分類される。
  • 酸化性があり、日本の消防法では第1類危険物となっている。
  • 引火性があり、日本の消防法では第4類危険物に分類される。
  • 他の多くのニトロ化合物とは異なり爆発性はなく、消防法上は第4類危険物に指定されている。
  • 日本の消防法において、第5類危険物であるニトロ化合物に属する。
  • 日本の消防法では第6類危険物に分類される。
  • 消防法第2条第7項及び別表第一第3類1号により第3類危険物に指定されている。
  • このため、第1類危険物に指定されている。
  • 鉄粉は他の金属粉と比較して危険性が低いことから、金属粉とは別の区分で第2類危険物に指定されている。
  • 日本の消防法では第4類危険物第1石油類に分類される。
  • 日本の消防法において、第5類危険物である有機過酸化物に属する。
  • 日本では消防法に定める第4類危険物の特殊引火物に該当する。
  • また、空気や水と接触して、発火したり可燃性ガスを出す物質は第3類危険物として消防法で定義されている。
  • また日本の消防法では、第4類危険物をその引火点に応じてさらに区分して数量規制を行っている。
  • 次へ »