顔を蹙めて

17 の例文 (0.00 秒)
  • その時社説記者は、プラトンの傍へずっと寄って来て、顔をしかめてこう云った。 ...
  • そんな事件が起った時は、一同顔をしかめて黙っている。 ...
  • 「それがなんになるものか」と、学士は顔をしかめて云つた。 ...
  • お八重は顔を蹙めて厭々いまいまし気に忠太を横目で見てゐた。
  • 「それがなんになるものか」と、学士は顔をしかめて云った。 ...
  • 墓向うの家の水を貰いに往った女中が、井をのぞいたらごみだらけ虫だらけでございます、と顔をしかめて帰って来た。 ...
  • そんな事件が起つた時は、一同顔をしかめて黙つてゐる。 ...
  • 学士は青々とした遠い果で、鳥がだんだん小さくなって消えてしまうのを、顔をしかめて見ていて、自ら慰めるように、こう思った。 ...
  • メフィストフェレスあなたは顔をしかめて、陰気な目をして、 すぐれた好運の話をお聴取ききとりになりますね。 ...
  • 墓向ふの家の水を貰ひに往つた女中が、井をのぞいたらごみだらけ虫だらけでございます、と顔をしかめて帰つて来た。 ...
  • 丁度 Titanosチタノス が岩石を砕いて、それを天になげうとうとしているのを、傍にとがった帽子をかぶった一寸坊が見ていて、顔をしかめて笑っているようなものである。 ...
  • ただ社説記者ポトリャソウスキイだけは、顔をしかめて隅の方に据わったまま、起って杯を打ち合せに来ようともしない。 ...
  • 学士は青々とした遠い果で、鳥が段々小さくなつて消えてしまふのを、顔をしかめて見てゐて、自ら慰めるやうに、かう思つた。 ...
  • 箱根湯本の柏屋という温泉宿の小座舗こざしきに、純一が独り顔をしかめて据わっている。 ...
  • 唯社説記者ポトリヤソウスキイ丈は、顔をしかめて隅の方に据わつた儘、起つて杯を打ち合せに来ようともしない。 ...
  • 「どうだい」 「牛みてえだ」 またか、と野村は顔をしかめて、苦笑混じりに式部を見た。 ...