顔を覆い

265 の用例 (0.00 秒)
  • 見てはいけないものを見てしまったというように手で顔を覆っている。 伊島りすと『ジュリエット』より引用
  • ぼくは遠子先輩の手から自分の手を引き抜き、天井を向いて顔を覆った。 野村美月『文学少女シリーズ01 “文学少女”と死にたがりの道化』より引用
  • アーダルベルトは無事な方の手で、片頬が床についたままの顔をおおった。 喬林知『今日からマ王 第09巻 「地にはマのつく星が降る!」』より引用
  • おれは夢の中で彼女がしていたように上半身を丸め、両手で顔をおおった。 喬林知『今日からマ王 第16巻 箱はマのつく水の底!』より引用
  • 記憶の中の美保子も、いまと同じように、両手で顔を覆って泣いていた。 勝目梓『女教師に捧げる鉄拳』より引用
  • あえぐたびに顔を覆った手の間から生命力が失われて行く感じである。 ムーア『暗黒神のくちづけ―処女戦士ジレル』より引用
  • はずかしめを受けた少女が両手で顔をおおいたい気分が心の底から理解できた。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅴ』より引用
  • 眼を開けた女人は、さっきの恐怖を思い出したのか、両手で顔を覆った。 黒岩重吾『落日の王子 蘇我入鹿(上)』より引用
  • 風が吹きつけてくるたびに、生駒はうるさそうに手をあげて顔をおおった。 宮部みゆき『龍は眠る』より引用
  • やがてになった顔をおおって、走って保健室から出ていってしまう。 竹宮ゆゆこ『とらドラ・スピンオフ! 第01巻 幸福の桜色トルネード』より引用
  • 桑三はそこまで話すと、ふいに両手で顔を覆うてすすり泣きをはじめた。 横溝正史『悪魔の家』より引用
  • 苦笑が消え、怒りと不安がないまぜになった表情がウィルの顔を覆った。 福井晴敏『∀ガンダム(上)』より引用
  • ハリーは、両手で顔を覆い、トレローニー先生の教室の床に倒れていた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04b ハリー・ポッターと炎のゴブレット(下)』より引用
  • 百合枝はハンケチで顔を覆うと、ふいに立って部屋を出ていきかけた。 横溝正史『青い外套を着た女』より引用
  • だが、強烈な緑の光に目がくらんだのか、両腕をあげて、顔をおおっている。 岡野麻里安『銀の共鳴5 雪の破魔弓』より引用
  • 彼女はふいに絶望的なうめきをあげると、両手でしっかりと顔を覆うた。 横溝正史『殺人暦』より引用
  • 北麿はそれを見て慌てて両手で顔を覆い、親指で耳を中指で目を塞いだ。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • 万作は、わたくしがそでで顔を覆ったのを、泣いているのだと思ったのです。 桐生祐狩『夏の滴』より引用
  • 死は既にこの病室の窓にさし入るかげのように愛子の顔を覆いはじめていた。 遠藤周作『口笛をふく時』より引用
  • カルロはリザルドの影が扉の向こうの闇に融けるや、片手で顔を覆った。 坂東眞砂子『旅涯ての地(下)』より引用
  • 次へ »