顔を瞶め

17 の例文 (0.00 秒)
  • 信綱のそれは、宙に置いた時とこちらの顔をみつめる時とでは、全く一変した。 ...
  • ギルは呆れたような様子で相手の顔をみつめていたが、何と思ったか黙って後を追った。
  • 店内に眼を滑らせたが、倖い近くには客が席を占めておらず、根戸はそっと杏子の顔をみつめ直した。
  • お庄は狂気きちがいじみたその顔をみつめながら笑い出した。 ...
  • ほかの事なら、何でもて御恩返しをしますけれど、これだけは私厭です」 父親は黙って煙管をくわえたままうつむいてしまったが、母親は憎さげにお島の顔をみつめていた。
  • 二人は、互いの顔をみつめ合った。 ...
  • 梶は大きなヨハンの顔をみつめながら、 「あなたはどうして御存じです」と訊ねた。 ...
  • 宗温の前にひきすえられるように正坐したまま、じっと鉢頭を動かさずにいる新米の奇妙な小僧の顔をみつめている。 ...
  • 飽気にとられて只々笑子の顔を瞶めるばかり。 ...
  • 豹一は側に寝そべっていたが、いきなり、つと起き上ると、きちんと両手を膝の上に並べて、村田の顔をみつめ、何か年齢を超えて挑みかかって来る眼付きだと、村田は怖れ見た。 ...
  • ナイルズも根戸も羽仁も、そうして今は影山まで血の気の失せた顔を並べて、互いの顔を瞶めあっている。 ...
  • 豹一は側に寝そべっていたが、いきなり、つと起き上ると、きちんと両手を膝に並べて、村田の顔をみつめ、何か年齢を超えていどみかかってくる視線だと、村田は怖れ見た。 ...
  • 「そんな馬鹿な」 布瀬はあからさまに表情を一変させて、頭のなかに想い描いた甲斐の部屋を急がしく探索していたようだったが、もう一度、 「そんな馬鹿な」 と繰り返して、羽仁の顔をみつめ直した。
  • しかし、検事は未だに半信半疑の面持で、たばこを口から放したまま茫然ぼんやりと法水の顔をみつめている。 ...
  • じっと、女影の顔をみつめていた甚三郎が、ひくく、 「生きかえるようだな」 と、つぶやいた。 ...
  • 名主は、じいっとその顔を瞶めていたが、やがて、そっと仰向けに寝かせると、 「牢番にゃ、あしたの朝まで、黙っているんだよ」 と、ひくく告げた。 ...