顔を合わせよう

17 の例文 (0.00 秒)
  • 今見せた自分の無様ぶざまさが恥ずかしいらしく、顔を合わせようとしない。
  • だがこのような形で再度顔を合わせようとは、お互いに想像すらしていなかったはずだった。 ...
  • ほかにも数人いたが、井上以外は顔を合わせようとしない。 ...
  • 肩を掴んで顔を合わせようとすると、サッと彼女の顔が逃げる。 ...
  • しかし私は前よりも胸がどきどきするばかりで、彼と向かいあって顔を合わせようという勇気も望みもなかった。 ...
  • 彼はちょっと笑って、ここで顔を合わせようとは思いもよらなかったと言いながら、手を差し出した。 ...
  • 彼女は不器量なことで知られ、叔父オイゲン公子は生涯一度もこの姪と顔を合わせようとしなかった。 ...
  • 相手が終始、顔を合わせようとせず、懐徳の微妙な表情が見えないのは幸いだった。 ...
  • 田辺専務が意図的にトイレで顔を合わせようとたくらんでも、根本がトイレに立ったことをどうやって知るのだ。 ...
  • 犬猿の仲の当事者同士が顔を合わせようとしなかったため、彼らの母と叔母が代わりにカンブレーでの直接交渉に出向く事態となった。 ...
  • 食事を運んでくる園にも、枕辺に侍っている佳代にも、玉子は顔を合わせようとさえしなかった。 ...
  • 四つんばいになって、小さなどう猛な生き物に顔を合わせようとしたら、それはロンの足だった。 ...
  • 無論、エイブルスはもう顔を合わせようとしなかった。 ...
  • あの聖エルザ学園を支配する壮大なもくろみが崩壊ほうかいしたあと、どす黒く表情をかげらせて帰宅し、そのまま自室に閉じこもってしまって、以来ほとんどだれとも顔を合わせようとしない。 ...
  • 麻貴の事務所社長の梓は、麻貴と涼子の顔ばかり見て話し、ときおり妹の亜貴にも声をかけるが、涼子の隣りに座った平田には、話しかけもしなければ、顔を合わせようともしなかった。 ...
  • 中でも優秀な法医学医師で天才的頭脳を持ちながら「対人恐怖症」を抱える赤城左門は、百合根と顔を合わせようとすらしない。 ...