顔をあげれば

17 の例文 (0.00 秒)
  • そんなときに顔をあげれば、すべての聖女が空を飛んでいるのが見えるだろう。 ...
  • 肩で息をつきながら顔をあげれば、風の吹き狂う荒れた庭が見える。 ...
  • 一筋の涙をふいてすっと顔をあげれば、そこには喜びに満ちた笑顔がある。 ...
  • 顔をあげれば窓の外はいつかすっかりしらんでいる。 ...
  • ふと顔をあげれば、そこにはがたがたとふるえる女がひとり、いた。 ...
  • その感触から、綾乃だろうかと思って顔をあげれば、そこには健晴の心配そうな顔があった。 ...
  • 顔をあげれば、彼は夢の中と同じように、冷ややかにこちらを見おろしているのではないだろうか。 ...
  • 手足の散乱した地面から顔をあげれば、目の前には。
  • さっきの女をまいたと安堵したのは束の間で、顔をあげれば雑居ビルの三階と歩道橋の上に本気で宮子を殺したがっている男がいるし、駅のトイレに隠れようとしたら、さっきのとは別の女が待ち構えていたのだ。 ...
  • 席は薄暗い店の隅角で、私の左腕は汚れた飴色の板壁に触れており、顔をあげれば目の前も空いた椅子ひとつ置いて同じ飴色の板壁であった。 ...
  • 静かになって顔をあげれば、積み上げてあったがめちゃくちゃになって背後の壁際に押しやられている。 ...
  • あわてて顔をあげれば、目の前に大男が倒れ込む。 ...
  • だからといって顔をあげれば、間近でこちらをのぞき込んでいる彼とキスしそうなほどの距離になってしまうので、ついネクタイの結び目あたりを眺めることになる。 ...
  • 顔をあげればこれ、O氏である。 ...
  • が、ちょっと顔をあげれば、その真上には、どこからでも目にはいるのが、ボワッボワッと無気味に燃え続けるフレアスタックのオレンジ色の炎であり、色とりどりの煙であり、うっとうしい空の重たさであった。 ...
  • 手燭つき出し「これ、旦那殿」という声にびっくり、みなみな顔をあげれば、親父をはじめ兄弟息子みな裸のままうつむく。 ...