顔が歪む

62 の用例 (0.00 秒)
  • 銃からマガジンを取り出し、そこがからなのを見て、ヤマダの顔がゆがんだ。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常⑧』より引用
  • 恐ろしげな顔が歪んだかと思うと、大きな涙が神の頬を伝いはじめた。 エディングス『ベルガリアード物語3 竜神の高僧』より引用
  • その顔がゆがんで見えるのは、自分が泣いているからだとさとるは気がついた。 山本文緒『群青の夜の羽毛布』より引用
  • 腐ったものを食べたみたいに顔がゆがんでくるのが、自分でもわかる。 梅原克文『カムナビ(上)』より引用
  • 薄いクリーム色の便座が頬にめりこみ、顔がゆがむのが自分でもわかった。 鈴木光司『らせん』より引用
  • 手の形をしたガラスを通して、勝ちほこった美少年の顔がゆがんで見えた。 山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(上)』より引用
  • 若木刑事の顔が歪んだと思うと、突然、涙が頬を伝い落ちたのである。 赤川次郎『輪舞―恋と死のゲーム』より引用
  • 自分の顔が歪んでいることを自覚しながら、おれはそのコピーを机に載せた。 米澤穂信『秋期限定栗きんとん事件〈上〉』より引用
  • 感激に虎船長の顔がゆがんだようになるところまでが、いやにはっきり画面に出てきた。 海野十三『火薬船』より引用
  • 少し意地の悪い気持ちでミランシャが訊くと、《影》の顔が歪んできた。 冴木忍『カイルロッドの苦難 4 面影は幻の彼方』より引用
  • 鏡のような刃の表面に、おれの顔が歪んで映っている。 北野勇作『ハグルマ』より引用
  • だが顔が歪むのをどうすることもできなかった。 東野圭吾『秘密』より引用
  • 自分でもそう言いながら顔がゆがむのを感じた。 今邑彩『少女Aの殺人』より引用
  • まぶたを閉じていたが、死の前の恐怖心に顔がゆがんでいた。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 1 大和の巻』より引用
  • 老人の醜い顔が歪むのを、女と少年は血も凍る思いで見つめた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター09d D-蒼白き堕天使4』より引用
  • 僕は君の顔が歪むのが好きなんだ。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • 満足げにスピーチをきいていた社長の角張った顔が歪んだ。 阿部牧郎『ビル街の裸族』より引用
  • 自分の顔が歪んでいるのがわかった。 板東眞砂子『死国』より引用
  • 倭建は哄笑こうしようしたが痛みに顔が歪むのはどうしようもなかった。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 6 終焉の巻』より引用
  • 痛みからか恐怖からか女の顔がゆがむ。 飛鳥部勝則『バベル消滅』より引用
  • 次へ »