顏構

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • 何か知ら始終不平を持つてゐる女で、其狹い額を見ても、曇然どんよりした目のうちを見ても、何處か一癖ありさうな顏構つらがまへである。 ...
  • 姉等が坐るに狹いと云へば、身を片寄せて席をゆづる、彼れの母は彼れを熟視して、奈々ちやんは顏構からしてしつかりして居ますねいといふ。 ...