頭を深々

48 の用例 (0.00 秒)
  • 玄関前に男が二人立っていて、車が近づいていくと頭を深々と下げた。 森博嗣『四季 2 夏』より引用
  • その上で腰を曲げて頭を深々と下げ、膝もより深く曲げて行う場合もある。
  • のみならず感謝をその気弱そうな顔いっぱいにあらわして頭を深々とさげた。 松本清張『馬を売る女』より引用
  • 疲れ果て、ご両親に頭を深々と下げてみせるのが限界であった。 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 03巻 仮面舞踏会』より引用
  • そう言うと、大谷浩吉は役員の前で机に手をつき、頭を深々と下げてみせた。 吉村達也『南太平洋殺人事件』より引用
  • 耕太もあわてて、あけましておめでとうございます、と頭を深々とさげる。 西野かつみ『かのこん 第04巻 ~オトメたちのヒミツ~』より引用
  • 母親は、そんなトオルに頭を深々と下げて、ぼくのことをよろしくと頼んだ。 川島誠『ロッカーズ』より引用
  • 自分でもわけがわからなくなって、頭を深々と下げた。 重松清『カカシの夏休み』より引用
  • その様子に王子やじい達は頭を深々と下げていた。 山田悠介『リアル鬼ごっこ』より引用
  • それを受け取って吉野先生は、薄くなった頭を深々と下げると会議室を出て行った。 小野不由美『悪霊シリーズ 3 悪霊がいっぱいで眠れない』より引用
  • ようやくドアを開けた紫東さんは、ふざけて頭を深々とさげた。 大野木寛『ラーゼフォン第01巻』より引用
  • 五人の使徒は、素速く扉の左右に並び、こうべを深々と垂れて主を待った。 千葉暁『アルス・マグナ3 大いなる秘法 碧眼の女神』より引用
  • 日本式に頭を深々と下げて、二人を松の庭が見える応接室に迎えて、日本人妻に赤ワインを運ばせた。 二宮隆雄『海援隊烈風録』より引用
  • と、保郎に頭を深々と下げて帰って行った。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • 試合後は、座礼を行い頭を深々と下げた。
  • 五階の最上階のボタンを押して外に出ると、受付嬢は扉が閉まるまで頭を深々とさげていた。 石田衣良『赤・黒(ルージュ・ノワール) 池袋ウエストゲートパーク外伝』より引用
  • 特に今夜のように父親が遠くの現場に出かけて帰りの遅いときは、母親が頭を深々と下げてびるまで怒りは収まらない。 重松清『疾走(上)』より引用
  • ハルユキの思考を裏付けるかのように、アッシュは頭を深々と項垂うなだれさせた。 川原礫『アクセル・ワールド 13 -水際の号火-』より引用
  • そう言って頭を深々と下げた。 海原育人『ドラゴンキラーあります』より引用
  • 顔の前で両手を合わせ、アフロ頭を深々と下げた。 加藤実秋『インディゴの夜 全4話』より引用
  • 次へ »