頭を切り落とし

23 の用例 (0.00 秒)
  • バラクは力強く剣をひと振りして、最初の泥人間の頭を切り落とした。 エディングス『ベルガリアード物語2 蛇神の女王』より引用
  • 弟はそう答えると、剣をとって獣の頭を切り落とした。 日本民話の会編訳『世界昔ばなし(上) ヨーロッパ』より引用
  • 我々は敢えて頭痛から逃れる為に、頭を切り落とさなければならない。
  • その異様さに耐え切れなくなった男は遂に蛇の頭を切り落としてしまい、以後その一族は頭痛に悩むようになったという。 田中貴子『悪女伝説の秘密』より引用
  • 最後に残った7つ頭の大蛇は起きている間に殺さなければならなかったものの、ベンスルダトゥはその頭を切り落とすのに成功した。
  • 鰻の蒲焼を作る際に頭を切り落とすが、この切り落とした頭も「半助」と呼ぶ。
  • 彼らは、頭を切り落とした猿を焼いて食べていたのだ。 貴志祐介『天使の囀り』より引用
  • かれさかなあたまを切りとし、ひらき、あらって、日にすために、いかだ屋根やねの上にならべました。 ロフティング『ドリトル先生物語10巻 ドリトル先生と秘密の湖』より引用
  • 獰猛な数匹の犬を戦い合わせ、勝ち残った1匹に魚を与え、その犬の頭を切り落とし、残った魚を食べるという方法もある。
  • ラヴォアジエの処刑について「彼の頭を切り落とすのは一瞬だが、彼と同じ頭脳を持つものが現れるには100年かかるだろう」と語ったと言う。
  • 一部で、無脊椎動物が頭を切り落としてもなかなか死なないことなどを指してはしご形神経系であるため、という言い方をされていることがある。
  • ある日彼が新聞記事を切り抜いていたとき、気がついたら裏にジェーンの写真がのっており、うっかり彼女の頭を切り落としていた。 桐生操『黒魔術白魔術』より引用
  • それがしの近づいた気に感じてか頭を上げ、毒気をはいて手にかぶりつこうといたしましたので、太刀を抜き、頭を切り落としました。 五代ゆう『晴明鬼伝』より引用
  • 頭を切り落とし内臓を取り除いた魚に、背骨に沿って包丁を入れ、左身と右身に分ける。
  • こうしてインドラはヴィシュヌを潜ませた泡で作った武器でナムチの頭を切り落とす。
  • 魔王は人間の男には自分を倒せないと威嚇したが、エオウィンは自分が女であることを明かし、怪鳥の頭を切り落とした。
  • 魔物のこどもたちが一列に並ぶと、テヘルチケンはこどもたちの後ろに立って、マンギのナイフで子供たちの頭を切り落としてしまった。 日本民話の会編訳『世界昔ばなし(下) アジア・アフリカ・アメリカ』より引用
  • ビンぐらいでは相手もなかなか参らず、二、三十回めった打ちにしてようやく動きが鈍ったところを、出刃包丁で一気に頭を切り落とし、引導いんどうを渡してやったそうだ。 近藤紘一『サイゴンから来た妻と娘』より引用
  • すかさず、ジャンは女房を縛りつけ、頭を切り落としてしまった。 日本民話の会編訳『世界昔ばなし(上) ヨーロッパ』より引用
  • 江蘇省北部の灌雲県には、頭を切り落として肉を絞り出し、内臓を取り除いて作る肉団子がある。
  • 次へ »