頭に浮かべる

26 の用例 (0.00 秒)
  • 煙草に火をつけ、ワンという名前の人間の顔を思いつくだけ頭に浮かべた。 馳星周『不夜城』より引用
  • ブラウンはあまりに心配していたから、彼のことを頭に浮かべなかった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 今日以外のいい思い出だけを頭に浮かべられる日も、いつか来るだろう。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • 勝が受話器を取って言うと、たったいま頭に浮かべていた黒江壮だった。 深谷忠記『津軽海峡+-の交叉』より引用
  • みんなはそれぞれ自分のスケジュールを頭に浮かべながら溜息ためいきをついた。 森瑤子『ある日、ある午後』より引用
  • 頭に浮かべたくない名前であるが、ついうっかりと思ってしまうのである。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』より引用
  • しかし、その一つ一つを頭に浮かべて仕返しをしているわけじゃなかった。 今野緒雪『マリア様がみてる 25 大きな扉 小さな鍵』より引用
  • そして急に、墓小屋のなかにいた二匹の動物のからまりあいを頭に浮かべた。 赤江瀑『正倉院の矢』より引用
  • 青年が倒れていた現場の様子を頭に浮かべつつ、私は思いつくままに云った。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • 集中しようとすればするほど、頭に浮かべた記憶のほうは鮮度を失っていく。 帚木蓬生『受精』より引用
  • 家から塾までの道順を頭に浮かべ、途中に公園があったことを思いだした。 重松清『カカシの夏休み』より引用
  • と、藤田が薄く笑ったのは、五人の女郎を頭に浮かべたからに相違ない。 山田風太郎『魔群の通過』より引用
  • 翌朝目をさますと、彼女はまずその知らぬ青年のことを頭に浮かべた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • おれは昔読んだ伝説集の一章を頭に浮かべながら言った。 菊地秀行『トレジャー・ハンター07 エイリアン妖山記』より引用
  • 美緒も、壮の言った問題を頭に浮かべてしばらく考えたが、眠くなった。 深谷忠記『長崎・壱岐殺人ライン』より引用
  • 彼はまた、昨夜茂木屋できわとの間にかわしたやりとりを頭に浮かべた。 井上光晴『丸山蘭水楼の遊女たち』より引用
  • 生まれ育った北の街並まちなみを頭にかべながら、となりの屋根へと飛び移る。 伊豆平成『PATRONE2 仮面の少女』より引用
  • そこまでのことを一瞬のうちにおれは頭に浮かべた。 勝目梓『抱け、そして撃て』より引用
  • 思うに、オペラ座で従妹に会った時に、計画を頭に浮かべたんですな。 クリスティ/松本恵子訳『エッジウェア卿の死』より引用
  • 隠密廻りの同心の顔をふと頭に浮かべたが不破はそれをすぐに振り消した。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • 次へ »