頚動脈洞

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 頚動脈洞反射の性質上、その時の血圧状態が一番落ちやすさに影響する。
  • 圧受容器は、頚動脈洞と大動脈弓に存在し、血圧の変動を感知している。 ...
  • しかし、頚動脈洞反射が起こるため、約7秒で失神して戦闘不能状態に陥ってしまう。 ...
  • 頚動脈洞を圧迫されて失神した者は絞めるのを止めるとすぐに脳への血流が再開するため問題はないが、気管を圧迫されて失神した者は放置しておくと危険なため、直ぐに蘇生のため応急処置が必要である。 ...
  • 現在の日本の死刑で採用されている絞首刑は、頚動脈洞を圧迫し、血流を阻害する。 ...
  • また、綺麗に頚動脈洞だけを絞めた場合は、後遺症が少ないことから、相手にダメージを与えずに行動不能に陥らせるにはきわめて効率的な方法であり、シンプルにして究極のフィニッシュ・ホールドとされると言われている。 ...
  • また、柔道や柔術のような格闘技などの絞め技にも利用され、頚動脈洞反射によって失神した状態を「落ちる」と呼ぶ。 ...
  • 急所である気管や喉仏を強力に圧迫されたら、もがき苦しむことになるが喉仏や気管を絞めずに綺麗に頚動脈洞だけを圧迫した場合は苦痛はほとんどなく耐えることも可能である。 ...
  • 頚動脈洞反射とは、頚動脈洞を刺激することによって起こる舌咽神経-迷走神経反射である。 ...
  • 頚動脈洞は、総頸動脈の、外頸動脈と内頚動脈の枝分かれするところに存在する。 ...
  • 通常の首吊りの場合でも、頚動脈洞が圧迫されるため、頚動脈洞反射によって急激に血圧が低下し、痛みも苦しみもなく、平均で約7秒で意識喪失にいたる。 ...
  • 血圧変化を感知する受容器は頚動脈洞、大動脈弓、心房、心室に存在する。 ...
  • 頚動脈洞マッサージといった副交感神経刺激やATP、ベラパミルにて房室伝導を抑制すると粗動波の同定が容易になり鑑別しやすくなる。 ...
  • 総頚動脈の分岐部と内頚動脈の開始部分には伸張受容器である頚動脈洞が、総頚動脈の分岐部の後側には化学受容器である頚動脈小体がある。 ...
  • 喉仏の左右にある頚動脈洞を圧迫すると、圧受容体が圧上昇を感知し、舌咽神経が延髄孤束核に伝え、孤束核から迷走神経背側核に伝え、迷走神経が過剰な反射を起こし、心臓の洞房結節や房室結節に伝え抑制され、徐脈となり、血圧が低下し、脳幹へ行く血液が少なくなり脳幹での酸素量減少で失神状態に陥ることもある。 ...