須原屋茂兵衛蔵板武鑑

17 の例文 (0.00 秒)
  • 元文6年刊行の須原屋茂兵衛蔵板武鑑において利根姫様御番医として「小森西論」とあり、誤記されて記載されている。 ...
  • なお延享3年の須原屋茂兵衛蔵板武鑑は内容が3月から4月時点のためか盗賊並火付方御改として掲載されているのが小濱平右衛門と中嶋百助のみである。 ...
  • 明和4年の刊行の須原屋茂兵衛蔵板武鑑において、御寄合衆に「秋月左京」との記載が見られる。 ...
  • また、延享3年刊行の須原屋茂兵衛蔵板武鑑では御寄合金上納支配に「四千五百石 藤枝帯刀」の名が見える。 ...
  • 寛政重修諸家譜において正室を石川政本の女のみを記載しているが、本家にあたる飯野藩主保科正率の娘を婚約者または継室として迎えているために須原屋茂兵衛蔵板武鑑の飯野藩主家保科家の系図において正率の娘として「保科永次郎正棟室」の記載がある。 ...
  • 享保3年刊行の須原屋茂兵衛蔵板武鑑において、定火消御番に「鉄砲隊 御茶の水 宝永七 五千石 仙石兵庫」との記載がある。 ...
  • 享保17年刊行の須原屋茂兵衛蔵板武鑑において御寄合衆に「三千石 本所三ツメ 秋月主殿」との記載が見える。 ...
  • 元文6年刊行の須原屋茂兵衛蔵板武鑑において使番に「享保十八 二千七百石 本所竹くら後 徳山五兵衛」と見える。 ...
  • なお、先祖の保科正倫が火事場見廻役を勤めていた延享3年に刊行された須原屋茂兵衛蔵板武鑑において出火之節見廻御役に「二千五百石 とらの御門内 保科主水」との記載があるので宅地の移動はなかった可能性がある。
  • 寛延3年刊行の須原屋茂兵衛蔵板武鑑の御先手鉄砲頭に「二千七百石 本所御竹くら後 徳山五兵衛 与力五キ 同心三十人」とある。 ...
  • 享保17年の須原屋茂兵衛蔵板武鑑の御先手鉄頭に「五百石 西くほ 田村主馬 与力五キ、同心三十人」と記されている。 ...
  • 延享3年刊行の須原屋茂兵衛蔵板武鑑において出火之節見廻御役に「二千五百石 とらの御門内 保科主水」との記載がある。 ...
  • 享保17年刊行の須原屋茂兵衛蔵板武鑑において、御寄合衆に『四千五百石 湯島天神下 藤枝帯刀』、駿府加番に『藤枝帯刀』の記載がある。 ...
  • また、享保3年刊行の須原屋茂兵衛蔵板武鑑の交代寄合衆に「三千石 日向帯 西門後ろ 伊東靭負」とある。 ...
  • 享保17年の刊行の須原屋茂兵衛蔵板武鑑では本所深川出火之節見廻り御役に嶋田庄五郎とともに「本所竹くらの後 徳山五兵衛」とある。 ...
  • 元文6年および寛保3年、延享3年刊行の須原屋茂兵衛蔵板武鑑の御寄合衆に「五千石 本所二ツ目 伊東采女」とある。 ...