順に見

73 の用例 (0.01 秒)
  • それから要撃部隊のメンバーを順に見ていった。 今野敏『宇宙海兵隊ギガース2』より引用
  • ニコはしばらく空中に両手の指を走らせてから、ハルユキたちの顔を順に見て、いかめしい声色こわいろで言った。 川原礫『アクセル・ワールド 04 -蒼空への飛翔-』より引用
  • 近世初期からの「かわた」称の出現を順に見ていくと以下の様な事が浮かび上がる。
  • 立ち上がっているトオルを、椅子にもたれこんでいるクニさんを、順に見て言う。 川島誠『ロッカーズ』より引用
  • それでは『史記』の物語を、最初から順に見て行くことにしよう。 岡田英弘『世界史の誕生 ―モンゴルの発展と伝統』より引用
  • しかし建設当時はトラヤヌスのフォルム内の2つの図書館に囲まれて遠くから見えず、フリーズが螺旋状になっているため全部を順に見るのが困難であり、宣伝手段としてはあまり効果がなかったと思われる。
  • その中身を順に見ていくと、まず申請書副本というのがある。 姉小路祐『死の逆転 ―京都が危ない』より引用
  • すぐ顔を上げ、ハルユキとウタイを順に見ながら口を開く。 川原礫『アクセル・ワールド 07 -災禍の鎧-』より引用
  • 朝比奈さんと古泉と長門を順に見て、それぞれにおどろきと微笑ほほえみと無を見出してから言った。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • 三人の顔を順に見る。 D・W・ジョーンズ『わたしが幽霊だった時』より引用
  • 一九八八年度文学部国文科の卒業生を順に見ていく。 牧野修『屍の王』より引用
  • 名古屋港駅から順に見ると、ガーデン埠頭に隣接した名古屋港駅から、国道154号下を北上する。
  • 内心で、自分の両翼りょうよくにそっとねぎらいの言葉を掛けてから、ハルユキは改めて仲間たちの顔を順に見た。 川原礫『アクセル・ワールド 08 -運命の連星-』より引用
  • トーストにナイフの先でバターを塗りつけながら、日系の老人は白い棚の薬品類を順に見ていった。 片岡義男『頬よせてホノルル』より引用
  • 顔を上げ、黒雪姫クロユキヒメとあきらを順に見る。 川原礫『アクセル・ワールド 13 -水際の号火-』より引用
  • 父親の周次が、女たちを順に見て「あんたも大変だなあ」と言ったのは、三人の女を、花嫁を三人引き受けて大変だなあ、という意味だったのか。 向田邦子『隣りの女』より引用
  • 佐智子は看護師の顔を順に見た。 海月ルイ『プルミン』より引用
  • 彼は三人の顔を順に見くらべ、やっと自分の坐るべき椅子をみつけたように、オレンプの隣りに坐った。 阿佐田哲也『ヤバ市ヤバ町雀鬼伝2』より引用
  • 職員用ロッカーに貼られている名札を順に見ていく。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 3.5』より引用
  • インド人の男女二人のガイドから、そういう説明を聞きながら、右端の第一窟から順に見て行くと、このインド中部における宗教の歴史の流れが、まざまざと目の前に展開されて行くおもいだった。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(下)』より引用
  • 次へ »

順に見 の使われ方