順に見渡し

11 の用例 (0.00 秒)
  • ほぼ駅のホームと同じ高さの三階の窓を、右から順に見渡していった。 鈴木光司『らせん』より引用
  • 彼は口をつぐんで同僚の研究者たちを順に見渡し、一同の反応を待った。 ホーガン『星を継ぐもの』より引用
  • 根木田会長は、中央のテーブルに両手を置くと、会場を右から左に順に見渡した。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • おれは塔の縁に立って空と地上を順に見渡した。 雨木シュウスケ『聖戦のレギオスⅠ 眠りなき墓標群』より引用
  • 枕辺まくらべに集まった三人の息子を順に見渡してから、平田忠二郎はゆっくりとそう言った。 川又千秋『1+1=0』より引用
  • また三人を順に見渡しながら、忠二郎が口を開いた。 川又千秋『1+1=0』より引用
  • 丁寧に頭を下げた四人の若者を順に見渡しながら栄寿は中でも年長らしき男にただした。 高橋克彦『火城』より引用
  • 不安げに塔馬から順に見渡した。 高橋克彦『パンドラ・ケース よみがえる殺人』より引用
  • ぱちりと両眼を開き、目の前のサクヤを、そして他の領主たちと無数のプレイヤーを順に見渡しながら、リズベットはしっかりした声で告げた。 九里史生『SAO Web 0407 第八章02』より引用
  • オレは八つある部屋の窓を順に見渡していった。 鈴木光司『リング』より引用
  • 矢的は順に見渡した。 高橋克彦『偶人館の殺人』より引用