順に見ていく

16 の用例 (0.00 秒)
  • かれは最後の乾杯をしようとグラスを上げ、集まった面々を順に見ていった。 ロッデンベリイ『スター・トレック3/ミスター・スポックを探せ!』より引用
  • そこで、美緒は、もう一度二十人ほどの作家の名を順に見ていった。 深谷忠記『津軽海峡+-の交叉』より引用
  • 生まれたときから順に見ていくことにした。 むぅ『「未来に向かって」』より引用
  • 李俊が筆を持って名簿を順に見ていくと、李夷簡という名があった。 駒田信二『中国怪奇物語〈幽霊編〉』より引用
  • ところが順に見ていくうちに、あることに気がついた。 北野勇作『ハグルマ』より引用
  • それから要撃部隊のメンバーを順に見ていった。 今野敏『宇宙海兵隊ギガース2』より引用
  • 近世初期からの「かわた」称の出現を順に見ていくと以下の様な事が浮かび上がる。
  • その中身を順に見ていくと、まず申請書副本というのがある。 姉小路祐『死の逆転 ―京都が危ない』より引用
  • 一九八八年度文学部国文科の卒業生を順に見ていく。 牧野修『屍の王』より引用
  • トーストにナイフの先でバターを塗りつけながら、日系の老人は白い棚の薬品類を順に見ていった。 片岡義男『頬よせてホノルル』より引用
  • 「保安官助手でもないくせに」 「俺は、髭で顔をごまかすやつとか」兄弟を順に見ていく。 田中哲弥『大久保町の決闘』より引用
  • このデータ構造の操作にあたっては、同じレベルのノードから順に見ていく幅優先探索と葉ノードまで見ていってバックトラックする深さ優先探索がある。
  • 降雪や積雪の様子を暖かいところから寒いところへ順に見ていくと、降雪がない地域、降雪のみがあり積雪がない地域、積雪がある地域へと遷移するのがふつうである。
  • 和室、寝室、洋間、浴室と順に見ていくが誰もいない。 牧野修『ファントム・ケーブル』より引用
  • まずは本棚を端から順に見ていく。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 05』より引用
  • 痴漢防止、青少年の非行防止、火の用心、信用金庫、浴衣などのポスターを、哲也は順に見ていった。 片岡義男『夏と少年の短篇』より引用