音頭を取る

33 の例文 (0.00 秒)
  • 県が音頭を取って事業者を組織し、佐賀デジタルネットワーク社を設立。 ...
  • フォンヴィエイユのお祭りでファランドールの音頭おんどを取ったのは彼だった。 ...
  • 一生懸命いつしやうけんめい音頭おんどうり、数百人すうひやくにん老若男女らうにやくなんによをどくるうてる。
  • 誰が音頭おんどを取ったわけでもないのに、周り中が一斉いっせいに座っていた席を下り、ひざまずく。 ...
  • 近年、中心街を活性化することを期待して市が音頭を取り始めた。 ...
  • 風俗研究を通じて彼は、政府が音頭を取って社会改革を試みても益はないという結論に至った。 ...
  • 乾杯かんぱい音頭おんどを取った男の子のしやべり方に付いていけなかったのが、きっと第一の理由なのだろう。 ...
  • 音頭を取って君らにアメリカ大陸、オーストラリア大陸を横断させた私だ。 ...
  • 自ら音頭を取り、アジアにおける青年育成の場としてアジアジュニア選手権を開催する。
  • そのため来賓の場合、仮に音頭を取ることを依頼されたとしても断ることが筋である。 ...
  • 「一年前に町長が音頭を取って作らせたのですよ」ミゲルが私の背中で言った。 ...
  • 私はたった一つだけ知っているスワヒリ語の単語を二つに割って、音頭を取った。 ...
  • 誰が音頭おんどを取るでもなく、敵軍に対抗して激しい雄叫おたけびが一斉に沸き起こる。 ...
  • これも主役の武田鉄矢君が音頭を取っていたのである。 ...
  • 現代ではそれらが転じ、リーダー的な振る舞いを取る事を「音頭を取る」などと表現する。 ...
  • 彼が三役格に上がったら、俺が音頭を取って、仲間うちの昇進祝いをやろうと考えていたくらいだ。 ...
  • 二つ目は、七草家が音頭を取り十文字家が続く形で組織された、十師族の捜査チーム。 ...
  • 次へ