音楽を習う

18 の用例 (0.00 秒)
  • 家庭ではヴェルディの弟子であったアントニオ・セグーラに音楽を習う。
  • この曲集は音楽を習う者やその指導者に愛好されており、現在でも版を重ねている。
  • 小学校と中学校を通じて、言文一致唱歌の提唱者田村虎蔵に音楽を習う。
  • 学校に上がるころまでに、この子は三つの言葉を話し、音楽を習いはじめているだろう。 ニコル『C・W・ニコルの野性記』より引用
  • 音楽を習うことや絵を描くことや社会事業に協力することや花を作ることや、そういうことでは彼女の空虚を埋めることは出来ないのか。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • そのために、あなたはほとんど毎日のように午後一ぱい、茶の湯や音楽を習うのだといってうちをあけなければならなかった。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編02 本格推理Ⅱ』より引用
  • ブラウンは、子供の時に少しピアノをかじったことをのぞけば、自分は音楽を習ったことがないと言っていた。
  • 彼女は絵を習い、音楽を習い、なんでも勉強しました。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(2)』より引用
  • ただし、本報告は「音楽を聞く」だけでは知能が発達しないことを示したもので、「音楽を習う」ことで知能が発達する可能性については否定していない。
  • 小林宗作に音楽を習う。
  • 陳怡は3歳でピアノと、バッハやモーツァルトといった西洋の作曲家の音楽を習いだした。
  • 彼は「好事家」として音楽を習っている貴族として見られたがっており、贅沢な生活をして、また乗馬の教師を雇っていた。
  • 幼少時よりチェロとクラリネットを買い与えられ、5歳より音楽を習い始める。
  • 山本曰く、最初に音楽を習ったのは5歳で音楽家としての処女作は1956年その5歳当時に歌った『ほっぴんぐ』である。
  • あたしはあの人から気に入られ、ほめられるのが嬉しく、あの人にはげまされて、音楽を習い、クラヴサンの稽古をしたの。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • 例えば『不思議の国のアリス』の第9章では、アリスは「代用ウミガメ」が語る身の上話に対し、自分も毎日学校に行っているときっぱり述べ、さらに経済的に余裕がなく正課しか取れなかった代用ウミガメとは対照的に、正課以外にフランス語と音楽を習っていると話す。
  • ドリゴはパドヴァで家族の友人Antonio Jorichに音楽を習った後、ヴェネツィアの音楽学校でアントニオ・ブッツォーラに師事した。
  • 家庭ではラテン語、文学、歴史、地理、数学、音楽を習う。